Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

2月12日 火曜日練習

〈参加者〉
Fl&Pic 1名、Cl 4名、Sax 1名、Tp 5名、Hr 1名、Tb 1名、Euph 1名、Per 3名、キッズ 2名、合計19名

〈合奏曲〉
♪ミッキーマウス・マーチ
♪ドレミの歌
♪アメリカン・パトロール
♪シンフォニア・ノビリッシマ
♪エル・クンバンチェロ

〈注意点〉
♪ミッキーマウス・マーチ
・頭そろえる、焦らない
・J 後ろ8分音符焦らない
・6/8拍子を意識して

♪ドレミの歌
・B 1小節前、軽くすき間をあける感じで。
・Dの2小節前、マルカートだけどハッキリ。
・Dの前、ハッキリ響きを大事に。
・Lの2小節前、アクセントは前には行くが行きすぎない、アフタクトから前に。

♪アメリカン・パトロール
・A〜 8分音符のスタッカートはマルカートで、イメージをそろえて。裏拍転ばない。トリルの処理をきちんと。
・Cの前 深めの音で。
・アーティキレーションと音の長さをそろえる。
・G テンポ落ち着いて。1拍目と3拍目を意識して、休符でも。
・J 落ち着いて。
・J〜K アーフタクトとテンポ感を。
・L 裏打ちはメロディーとニュアンス同じで。
・Mの5小節前、打ち込みしっかり。
・Pの3小節目から、付点4分音符、1拍目3拍目をハッキリと。
・Q トランペットは頭からハッキリと。
・Sの1小節前、深い音でアクセントテヌート。
・Tの4小節前からまとめる。

♪シンフォニア・ノビリッシマ
・Aの2小節目、8分音符おさめる。
・B〜C、あわせて。
・F、速さより大きな流れを大事に。
・H、頭とあわせる。
・I〜たっぷり歌う。3連符は歌い込む。
・L、16分音符丁寧に、焦らない。
・最後、3連符はつまらないで。

♪エル・クンバンチェロ
・アーティキレーションはすべらないで。
・後ろの音は飲み込まないで。
・2カッコの4分音符はハル。
・終わりから5小節前、頭はしっかり切る。
・終わりの2カッコからは、すべらないで踏みしめて、ハッキリとメリハリを。

〈気づいたこと〉
今日は人数が少なめで広い場所での練習でしたので、自分の音がハッキリ聞こえて練習不足を猛省しました。2月はすぐ過ぎていくのでしっかり練習したいと思います。
入り口の所に、ドレミコンサートのチラシを置いて頂いてました♪ありがとうございます。

〈担当〉
Cl

2月2日 土曜日練習

<参加者>
 Fl:4名、Ob:1名、Cl:4名、Sax:7名、Tp:3名、Hr:2名、Tb:1名、Euph:2名、Key/St.Bs/El.Bs:0名、Perc:1名、キッズ:12名、合計:37名

<合奏曲>
♪ドレミの歌
♪アメリカンパトロール
♪ミッキーマウス・マーチ
♪エル・クンバンチェロ
♪シンフォニア・ノビリッシマ
♪おどるポンポコリン

<注意点>
♪ドレミの歌
D1小節前短くしすぎない

♪アメリカンパトロール
1拍目3拍目を意識して吹く
Cからのメロディー、スタッカートは切りすぎずビートを出す
Hからの16分音符あせらないで丁寧に
Mメロディー3段階で盛り上げる
N5小節目4拍目から前に行く
T全音符のディミニエンド少しずつする

♪ミッキーマウス・マーチ
2拍子に聞こえると急いだ音楽に聞こえてしまう。8分の6拍子を意識して落ち着いてふくこと
Eのfl、cl音と音のの隙間をあけてふく Hも同様に
Pアーフタクトしっかり

♪エルクンバンチェロ
小節の頭そろえて。
B8小節目スラー後のスタッカートは伸ばさないこと
メロディとハーモニーで気持ちの温度差をそろえる
L9小節目スラー後の音引きすぎないこと
終わり5つ前の音の処理そろえる 裏の4分音符引きすぎない

♪シンフォニア・ノビリッシマ
アーティキュレーションそろえる
冒頭 3拍目の動きを見せる 4拍目は重たくならない
アクセントは短くなりすぎたり音程が分からなくなると× 響き・音程を大事にする
Dはねずに流れ大事に
Iの前リットかけます
I9小節目から柔らかいサウンドを意識する アクセントで説得力をつける
L、M メロディ頭しっかり吹く 2拍3連しっかりわける

♪おどるポンポコリン
前向きに
ビート、8分音符のリズムしっかりはっきり

担当:フルート

1月29日 火曜日練習

<参加者>
 Fl:2名、Ob:1名、Cl:6名、Sax:2名、Tp:2名、Hr:0名、Tb:2名、Euph:1名、Key/St.Bs/El.Bs:0名、Perc3:名、キッズ:5名、合計:24名

<合奏曲>
♪線路は続くよどこまでも
♪アメリカン・パトロール
♪ミッキーマウス・マーチ
♪シンフォニア・ノビリッシマ

<注意点>
♪線路は続くよどこまでも
冒頭の八分音符ははっきりと
Aからのメロディ、付点四分音符の後の八分音符ははっきりと
Dからのリズムはよりはっきりスイング感のリズムを明確に

♪アメリカン・パトロール
付点四分音符の後の八分音符をはっきり、テヌートは次につながるように重心をおく
十六分音符の粒ははっきり
Lからの打ち込みは人数が多いので楽な感じで大丈夫。メロディは次へ向かう感じで吹く
Nの5小節前からの打ち込みは3小節前に向けて盛り上げていく
TからのClの2nd,3rdは音が低くなり遅れて聞こえるので頭をはっきりと吹く
Rの6小節目4拍目裏の八分音符はテヌート

♪ミッキーマウス・マーチ
冒頭のTb、Euphは4小節目の頭の音に向かっていくように吹く
ターランのリズムを持っている人はかわいらしく【ラン】は軽い感じで
Kからのバッキングのアンサンブルをしっかりと
Pの1小節前の引っかけは重くならず爽やかに
Uからの付点四分音符ちお八分音符の隊は伸ばし過ぎず髪の毛一本分ぐらい隙間を開ける感じ、その後の八分音符を隙間を作る

♪シンフォニア・ノビリッシマ
冒頭からAまでは1つ1つの音をしっかりと響かせテヌートはあまり重くなりすぎないように
Aからのメロディのスラーはたっぷりと
Bからの八分音符のスタッカートは短くなりすぎないように気をつける
FからのClは流れを大切に(Obの雰囲気に合わせる)
Hからは小節の頭をしっかりと合わせアンサンブルを大切に
Hの7小節目は怒りの感情っぽくはっきりと吹く
Iからはたっぷりと流れを大切に
Kの5小節前は音が短く細切れにならないようにたっぷりと
Lからの細かい動きはアンサンブルをしっかりと
Mからの細かい動きは小節の頭を合わせていく
トリルは音程をしっかり取って勢いにまかせない

※今日はシンフォニア・ノビリッシマをゆっくりのテンポで合わせました
  ゆっくり合わすことで他のパートとの兼ね合いなどがよく分かり曲の完成度がグッと上がりました
  インフルエンザが猛威をふるっているのもあって体調不良でのお休みの方が多かったです
  皆さん予防に努め気をつけていきましょう!!!

担当:Tp  

1月19日 土曜日練習

<参加者>
 Fl:3名、Ob:0名、Cl:4名、Sax:6名、Tp:4名、Hr:3名、Tb:5名、Euph:2名、Key/St.Bs/El.Bs:0名、Perc:2名、キッズ:17名、合計:47名

<合奏曲>
♪ミッキーマウス・マーチ
♪線路は続くよどこまでも
♪シンコぺーテッド クロック
♪エル・クンバンチェロ
♪ドレミの歌
♪アメリカン・パトロール
♪シンフォニア・ノビリッシマ
♪ヤングマン

<注意点>
♪ミッキーマウス・マーチ
八分音符にすき間がある感じで クリアに

♪エル・クンバンチェロ
大きな音でなく、息のスピードを早めに
ターラ ターラ ターラ ターラの四分音符の後ろの音をしっかり決めて止めるように
その音を短くしてしまうと、その分速くなってしまうので注意する
Cのメロディのタタタタ タタタタ タラのところはタラにウエイトをかけて向かっていく感じで
Hからの伴奏のところ、四分休符はしっかり止めて見せる感じに

♪ドレミの歌
Bの2小節目4拍目の四分音符はマルカートに
Dの1小節前1拍目の八分音符は、短く切らないように
Lの二分音符のメロディは前向きに

♪アメリカン・パトロール
付点八分音符のテヌートは長くならないように
Jの1小節前、曲調の変化を意識して
Lの1小節前の3拍目すべらない
一番最後の音は長くしない、きめる感じで

♪シンフォニア・ノビリッシマ
冒頭のメロディは、フワーと出るのではなく、オルガンのように
冒頭の二分音符のパートも頭からいいサウンドで
Dはリズムを出そうとしすぎない、次のパートが入ってきたら少し落とす
八分音符のスタッカートは、はっきり吹こうとせず、流れを大切に、すきまあけて
Hの前半部分のメロディは、止めずに響かせる感じで
Jの2拍前アフタクトのところは少し時間ください Jから前向きに
Nの2小節目の四分音符は張る
最後から4小節前の二拍三連は均等に

<キッズの様子>
人数も多く、狭かったと思いますが、仲良く遊んでくれていました。
身体に気を付けて、この冬を乗り切りましょう!

担当:Euph

1月15日 火曜日練習

<参加者>
Fl:1名、Ob:2名、Cl:4名、Sax:1名、Tp:5名、Hr:0名、Tb:1名、Euph:1名、Key:0名、Perc:3名、キッズ:1名 合計:19名

<合奏曲>
♪アメリカン・パトロール
♪ミッキーマウス・マーチ
♪シンフォニア・ノビリッシマ
♪エル・クンバンチェロ

<注意点や気がついたこと・その他>
♪アメリカン・パトロール
8分音符♪はあわてない。
8分音符のテヌートは遠くに飛ばす感じで。
Bの2、6小節目の4拍目のウラ8分音符は短くならない。
Gの4分音符スタッカートは収めない感じで。
Lの1拍前はアクセント。
T4小節目はマルカートで。

♪ミッキーマウス・マーチ

♪シンフォニア・ノビリッシマ
A2小節目のリズム 8分音符スタッカートは止まらず。
Bの8分音符はセレブ感で。
Hは流れ重視で 3連符の1拍目と3拍目はアンサンブル。
I の2小節目、10小節目の3連符前の8分音符はたっぷり目に。
M2小節前の2拍3連符の最後の音符に注意。


今年初めての練習でしたが、インフルエンザが流行してきたようで、お休みが多かったです。

担当:Cl

12月18日 ドレミコンサート

12月は大きなツリーのもと、クリスマス特集でした♪

2018_12_18_sp_convert_20181229024706.png
2018_12_18_ed_convert_20181229024529.png

<場所> 住吉区民センターホール棟ロビー

<プログラム>

◇選抜チーム(Cl、S.Sax、Tp、Tb、Key、Perc)
(OP)ドレミの歌
1.ジングルベル

◇木管アンサンブルチーム(Fl1名、Ob1名、Cl4名)
2.もろびとこぞりて
3.We Wish You a Merry Christmas

◇スペシャルアンサンブルチーム(Tp、St.Bs、Key、Perc)
4.ルパン三世のテーマ '80
5.ウィンター・ワンダーランド

◇選抜チーム(Cl、S.Sax、Tp、Tb、Key、Perc)
6.赤鼻のトナカイ
7.あわてんぼうのサンタクロース

今回もたくさんの方々にお越しいただきました。
小さなお子さんたちも、聞いたことのあるクリスマスの曲に
体を揺らしたり、歌っていたりと楽しんでくださりありがとうございました。

次回は2月26日(火)を予定しております!
ご来場、心よりお待ちしております。

<担当 : Tb>

12月18日 火曜日練習

<参加者>
Fl:1名、Ob:1名、Cl:7名、Sax:2名、Tp:4名、Tb:1名、Hr:1名、Key/St.Bs/El.Bs:1名、Euph:1名、Perc:3名、キッズ:2名、合計:24名

<合奏曲・注意点>
♪コラール

♪線路は続くよどこまでも

♪おどるポンポコリン
F 1小節前 クレッシェンド
A メロディー 裏拍意識 八分音符の間に隙間を入れる

♪ヤングマン
リズム前向きに
1・3拍意識して、2・4拍の裏ビートが重く聞こえない様に
D.S前の2かっこ2小節目、Cの4小節前 降りる音まで大切に

♪シンコペイティッド・クロック
メロディー 2・4小節目一つ目の音に向かって吹く
F 4小節づつの、1回目3回目はふつうに、2回目4回目は優しく、緩急をつけて

♪ミッキーマウス・マーチ
8分の6拍子意識して、2拍子に聞こえない様に気をつける

♪ドレミの歌
Lアフタクトからpiu mosso

♪アメリカンパトロール

♪シンフォニア・ノビリッシマ
I 指定テンポよりたっぷり
前半と後半、タイの後の音が長くなりがちなので気をつける

♪エルクンバンチェロ
ころばないように
 
担当 Ob

12月10日 天下茶屋幼稚園 訪問演奏

2018_12_10_3_convert_20181229025041.png

2018_12_10_2.png

<参加者>
 Ob:1名、Cl:4名、Sax:1名、Tp:2名、Hr:1名、Tb:2名、Euph:1名、Perc:3名、
 キッズ:1名、合計:15名

<演奏曲>
♪線路は続くよ どこまでも
♪ルパンレンジャーVSパトレンジャー
♪We can!! HUGっと!プリキュア
♪楽器紹介~よろこびの歌~
♪ジングルベル
♪ボギー大佐
♪ヤングマン【Y.M.C.A.】
アンコール
♪ドラえもん (星野源/映画『ドラえもん のび太の宝島』主題歌)

 2010年から、そして今年も訪問演奏をさせて頂けてとても嬉しいです。
 元気な子どもたちも音楽を楽しんでくれたのはもちろん、ヤングマンでは元気いっぱいに踊ってくれました。
 アンコールのドラえもんでの楽しそうな歌声にはこちらが元気をもらいました。
 そして今年もPTAの皆さんや園長先生のお心遣いに感謝致します。
 本当にありがとうございました!

12月4日 火曜日練習

<参加者>
Fl:1名、Ob:1名、Cl:6名、Sax:3名、Tp:5名、Tb:1名、Hr:1名、Key/St.Bs/El.Bs:1名、Euph:1名、Perc:3名、キッズ:2名、合計:25名

<合奏曲・注意点>
♪コラール

♪線路は続くよどこまでも

♪ルパンレンジャーvsパトレンジャー

♪We can!! HUGっと!プリキュア
 K→あせらないように

♪ジングルベル
 付点8分音符の吹き方はっきりめに
 D→メロディ以外はさくっと
 Aのメロディの人はB小節ジャストを意識して急ぎすぎないように

♪ボギー大佐

♪ヤングマン【Y.M.C.A.】
 冒頭部分 イメージ的にカチッカチッと吹く
 Cの1小節前の音を一番大きく 
 一番最後はできるだけ音をはる(指揮棒が下りた時に音も下げる感じで)

♪ドラえもん

♪ハッピーバースディ

♪アメリカンパトロール
 8分音符が続いたら走らないように
 Cの1小節前、3拍目の4分音符は音符が長くならないようにマルカートぐらいで
 D→3拍目の頭は4分音符をはっきりと
 N→マルカートで隙間をあけるように少し短めに
 S→1小節前の4分音符4拍目の音は決める音なので弱くならないように

♪ミッキーマウス・マーチ
 メロディーはリズムが急いでいる感じになるので、慌てないように丁寧に

♪シンフォニア・ノビリッシマ
 8分音符を吹いているところはそろえる(音と音の隙間をあけるように)
 L→付点のリズムははっきり たっぷり歌う時に急がないように
 
今月は指揮者さんの誕生日月なので、少し早かったのですがサプライスとして
休憩後の最初の曲目の時に♪ハッピーバースディを演奏しました。
クラッカーも鳴り誕生日のお祝いらしい楽しいひと時となりました。
指揮者さんに「何歳になりますか?」との質問では「もうバカボンのパパと同い年とは言えなくなりますね~」
といつものジョークでどっと笑いがおこりました。
お誕生日おめでとうございます。
また指揮の合間の楽しい小話を期待してます。

担当 TP

12月1日 土曜日練習

<参加者>
 Fl:3名、Cl:4名、Sax:6名、Tp:4名、Hr:2名、Tb:2名、Euph:2名、Key/St.Bs/El.Bs:0名、Perc:0名、
 キッズ:13名、合計:36名

<合奏曲>
♪We can!! HUGっと!プリキュア
♪ルパンレンジャーVSパトレンジャー
♪ドラえもん
♪ジングルベル
♪ヤングマン【Y.M.C.A.】
♪ドレミの歌
♪ミッキーマウス・マーチ
♪シンフォニア・ノビリッシマ
♪エル・クンバンチェロ
♪星条旗よ永遠なれ

<注意点>
♪We can!! HUGっと!プリキュア
音を止めるところはしっかり止める

♪ドラえもん
in2で振る
八分音符(ドドドドドドドドドのところ)長くならないように

♪ジングルベル
Bの1小節前の3拍目、しっかり止める。
Dの二分音符のパートは控えめに、メロディのパートはしっかり
裏打ちは重たくならない、表打ちは前に

♪ヤングマン【Y.M.C.A.】
冒頭A前の連符は次につなげる感じで
Aの裏打ち、軽く

♪ドレミの歌
Dの1小節前、アクセントしっかり、派手なくらいに
Eのメロデイ、マルカート気味に
ホルン、裏打ち前向きに
Lの1小節前の2拍半目、はっきり切る
Lは前向きに
Lの二分音符、あおる感じで
終わり2小節前、しっかり切る
最後の音は長めで

♪ミッキーマウス・マーチ
何も書いていないところはマルカートで
イントロ、付点音符の後ろの音はしっかり吹く
Lの8小節目からの八分音符、軽くすき間あける感じで
Mはダブルタンギングで統一
Uのタイのところ、重たくならない

♪シンフォニア・ノビリッシマ
冒頭、響かせる、遠くに
Aのスタッカート、しっかり
スラーはガチガチに
Jの1小節前、rit.かける
Lの全音符、しっかり 
Mの全音符、遠くへ
終盤の二拍三連は前向きに
燃えるような愛、やさしさを表現

♪エル・クンバンチェロ
メロディの息のスピードを速く

♪星条旗よ永遠なれ
Grandiosoは一回目は静かに、二回目は盛り上げて


担当:Euph

NEXT