Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

6月18日(火)

Fl&Pic 2名 Ob 1名 Cl 6名 Sax 2名 Tp 2名 Hr 2名 Tb 1名 Euph 1名 Per 3名 キッズ 2名  合計 23名

<見学者>
cl1名

<合奏曲>
♪365歩のマーチ
♪故郷
♪青い山脈
♪おどるポンポコリン
♪日本の情景[秋]
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ

<注意点など>
♪365歩のマーチ
小節の中で4分と8分の所は8分は流れない
打込みは軽く
Dのmpは音色変える
最後ちゃんと切る

♪故郷
2小節目3小節目のブレスを気を付ける
4小節を1フレーズに

♪青い山脈
符点8分と16分しっかり吹く
D の5小節目の4分は6小節目に向かって

♪おどるポンポコリン
タッタタラリラ〜の 休符をしっかり

♪日本の情景[秋]
Aの3小節前のdimを効果的に

♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
音の処理 H1小節前 3拍目の音長くならない キメる

♪パプリカ
2拍目 4拍目のリズム大切に
すべらない
ダウンビートではなくアップビートの2拍 4拍

担当 SAX

6月8日 土曜日練習

<参加者>
Fl&Pic 3名 Cl 3名 Sax 5名 Tp 3名 Hr 3名 Euph 2名 Per 1名 キッズ 12名  合計 33名

<見学者>
Euph 1名

<合奏曲>
♪青い山脈
  装飾音符はしっかり。
  スラーのフレーズもしっかりと。
  アクセントははっきりと。

♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
  シンコペーションの頭を合わせる。
  Bの前、3、4拍でディミネンド。
  Bからのメロディー、8分音符ははっきりと。
  Hの4つ前、休符を感じながら。
  最後の音は、吹き切る。

♪日本の情景[秋]
  頭の3小節目はゴージャスに。
  Bの4つ前のスラーは前向きに。
  Eの6小節前の4分音符、はっきりと
  Jの2小節目の後、Kの前は切ります。
  Mの2拍前から次のテンポ。
  N、Oも前向きに。

♪パプリカ
  ハンドクラップは空気を入れるように鳴らす。
  メロディーの長い音符の処理をしっかりと。

♪おどるポンポコリン
  メロディーの流れが止まらない様に。重たくならない。

<担当>Cl

6月4日 ドレミコンサート

(場所)
住吉区民センター棟ロビー


(プログラム)
◇選抜チーム(Fl、Cl、A.Sax、Tp、Key、Perc)
OP ドレミの歌(ロングバージョン)

◇単独チーム
1.かたつむり(Key)

2.雨にぬれても(Cl、Euph、Key、Perc)

3.パンダ・うさぎ・コアラ(A.Sax、Key)

4.かえるのがっしょう(A.Sax、B.Sax、Key)

5.むすんでひらいて(Cl、Euph、Key)

6.おはなしゆびさん(Cl、A.Sax、B.Sax、Euph、Key)

7.さんぽ(Cl2、A.Sax、B.Sax、Euph、Key)

8.シンコペーテッド・クロック(Cl2、A.Sax、B.Sax、Key、Perc2)

◇選抜チーム(Fl、Cl、A.Sax、Tp、Euph、Key、Perc)
ED パプリカ


春に出演しました「ドレミコンサート2019」後、今季初めてのロビーでのドレミコンサートとなりました。
オープニングはすっかり定番となりました、『ドレミの歌』で始まりました。

単独チームでは、お子様の喜びそうな手遊び中心の曲を披露しました。


6月ということで、雨にちなんだ曲もしっとりと演奏しました。大人の方も素敵な曲に
癒されたのではないでしょうか。

そして、『さんぽ』ではトトロやまっくろくろすけなど可愛いペープサートの登場で小さなお子様達も
一緒に手拍子をしてくれたりしました。

『シンコぺーテッド・クロック』ではウッドブロックに合わせて会場の皆さんとリズムを刻みました。


最後の曲は『パプリカ』でした。手拍子から始まり小さいお子様もノリノリで一緒に楽しみました。


たくさんのご来場ありがとうございました。
次回は7月16日です。

(担当:Tp)

6月4日 火曜日練習

<参加者>
Fl&Pic2名 Cl5名 Sax4名 Tp4名 Tb1人 Euph1人 Key1名 Per3名 キッズ1人 合計22名

<見学者>
Tp1名

<合奏曲>
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ
♪青い山脈
♪日本の情景[秋]
♪おどるぽんぽこりん

<注意点など>
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
 A2小節前の2分音符の処理、そろえて切る。
 Gの8部休符はしっかり休みをそろえる。
 Hからの4つ前焦らず、Hからは重たくならないように。
 最後の終わり、滑らないように。

♪パプリカ
 ハンドクラッシュは空気を入れるように鳴らす。
            休符もリズムをとるように体を動かして。
 B3,4小節目 Hr,アルトSaxテヌート発音しっかり。
 C1小節前長めに伸ばす。3拍目いっぱいまで。
 F1小節前3拍目の頭でしっかり切る。次のメロディーにかからない。

♪青い山脈
 メロディー跳ねる感じで。装飾音符も。

♪日本の情景[秋]
 頭の部分、テヌート以外はしっかりと。
 M~はずむように、N~スラーで重くならないように、O~重くならないように。

♪おどるぽんぽこりん
 

  担当:Tb

5月28日 火曜日練習

<参加者>
Fl&Pic2名 Cl7名 Sax3名 Tp2名 Tb1名 Euph1名 key1名 Per3名 キッズ2名 合計22名

<合奏曲>
♪青い山脈
♪日本の情景[秋]
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ

<注意点など>

♪青い山脈
基本何も書いてないとこマルカート
装飾音はあくまで装飾なのでゴリゴリになりすぎないように
前奏の16分音符ころばないように
A〜付点八分元気にスラーはたっぷり
B〜あと打ちの人軽めに

♪日本の情景[秋]
頭とAの1小節目の4拍目と2小節目頭の流れ、つなげる
A メロディー前向きに、マロカートで
Bの4小節目で rit.
Bハーモニーとメロディーのバランス意識
Eのアフタクトから次の真っ赤な秋のテンポ
Hの2小節前から次の村祭りのテンポ
J-2小節目のあとは区切る、3小節目から仕切り直し
KとLメロディ大きいフレーズ
Mの付点の16分音符、前に行きやすいので後ろにつけて
Nから重くならないように、大きなフレーズで音楽が止まらないように


♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
・4拍目ウラから入るメロディ、リズム冷静に
・Aの2小節前の2分音符、音を張って、3拍目でちゃんと止める
・Eの1小節前頭の音しっかり決める 
・Hの1小節前スラーとスラーじゃない音区別

♪パプリカ
・テヌート、発音やわらかくならない
・休符を意識して
・サビに入るCの1小節前、Cアフタクトのメロディーにかからないようにする
・D.S.前、伸ばしてる人Fl.Tp.Tb テンポ通りしっかり伸ばす

担当:トランペット

5月18日土曜日練習

<参加者>
Fl&Pic2名 Cl1名 Sax4名 Tp3名 Hr2名 Tb1名 Euph1名 Per1名 キッズ9名 合計24名

<見学者> Fl

<合奏曲>
♪青い山脈
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ
♪日本の情景[秋]

<注意点など>

♪青い山脈
※F 1カッコカット
・D-5小節目 四分音符そろえる
・ラストの四分音符ふききる

♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
・4拍目などのウラ拍のアクセントは、はやく突っ込みたくなるので 8分のカウントを感じて吹きましょう。
・Aの前 1小節1拍目の音の処理をそろえる
・Dの前 2小節間のリズムは 『アキコ アキコ アキコ アキコ ワダ』です 最後のワダはふききる
・Eの前 Eからの転調にむけて臨時記号が多いので、しっかり音を確認しましょう 
・E-2,4小節目のアタマ メロディーは しっかりと
・H-1カッコ最後の小節 3拍目の八分音符2つを そろえる

♪パプリカ
※1カッコカット
・Cの前 伸ばしてる音は Cからのメロディーにつなぐ気持ちで吹く
・F-D.S.直前 んタ タラっタ の 『っ』  感じましょう。最後の音はふききる
●別途連絡があると思いますが、
2カッコのドンドンパン(左足・右足・手拍子) 記譜のあるパートもないパートも 音がない場合(音がでてくるまで?) 行うことになりました。詳細は次回練習時に確認してください。

♪日本の情景[秋]
・メロディーは しっかりたっぷりと 伴奏は控えて  
・A メロディーは マルカートで
・Eの2拍前から Eのテンポ
・J-2小節目のあと切る 3小節目から仕切り直し


すでに連絡があったカット位置などは 確認しておきましょう。

担当:Sax

5月14日 火曜日 練習

<参加者>
Fl&Pic1名 Cl7名 Sax3名 Tp3名 Hr2名 Euph1名 Per3名 合計20名

<見学者> 1名 ( Tp )

<合奏曲>
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ
♪おどるポンポコリン
♪青い山脈

<注意点など>

プリキュア
・休符 意識してしっかり止める
・始めはっきり入る
・B〜長い音符の人は重たくならない
・E1,2小節前の転調しっかり
・A3小節前 スラーのかかっていない8分音符意識す る アーティキュレーション
・C3小節目 スラー しっかり舌つく
・D1小節前 中低音の人 アクセントはっきりめ
アクセントの間少し隙間あける
・E〜2,4小節目 転んで聴こえないようにアンサンブルする
・G〜休符しっかり休む
・H1小節前 同じ長さで決める
・2カッコすぐのタイ 長くならない
・最後 ラタタタ 抜かずに終わる

パプリカ
・A〜 メロディのタティタのティを少し長めに
・Bメロディ ブレスマークはフレースの意味でとら える
・C3,4小節目 テヌートの音スピード感出す 長さキープ 発音はっきりと
・Dの8分音符 長くならない
・E,Fのメロディしっかり出る
・ダルセーニョ前 タ タラタ しっかり決める
伸ばす人も音の処理をきっちりする
・Codaからすぐに重たくならない
ritのところからかける

青い山脈
・Gの前 ザンで曲を一旦終わる気持ちで揃える
・付点8分音符 息のスピードで吹く
付点8分音符の後の16分音符は後ろめに寄せて
はっきりと
・D5,7小節目 アクセントははっきり元気良く


担当:Cl

ドレミコンサート2019

2019_4_20_ymca_convert_20190427010601.png
2019_4_20_el_convert_20190427005513.png

ドレミコンサート2019

<主催>
大阪市立住吉区民センター 指定管理者大阪ガスビジネスクリエイト株式会社
<出演>
Mam's Wind Orchestra「clover」(マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

<場所> 
住吉区民センター 大ホール

<参加者>
Pic&Fl:5名 Ob:2名 Cl:12名 S.Sax:1名 A.Sax:5名 T.Sax:2名 Tp:8名 Hr:4名 Tb:4名+客演1名 Euph:2名 Tuba:客演1名 St.Bs&Key.:1名 Perc:4名 Kids:9名 計61名

<プログラム>
★1部★
♪ドレミの歌  
♪アメリカン・パトロール
♪ミッキーマウスマーチ 【楽器紹介】
♪シンフォニア・ノビリッシマ

★2部★
♪エル・クンバンチェロ
♪シンコペーテッド・クロック ~指揮者体験コーナー~
♪線路は続くよどこまでも
♪ヤングマン(Y.M.C.A.)

★アンコール★
♪おどるポンポコリン
♪星条旗よ永遠なれ

天候に恵まれ、たくさんのお客様に足をお運びいただきましたこと、心より感謝致します。

恒例のクローバーくんとお姉さんからのお願いに続いて、
トランペットとアルトサックスの演奏によるコンサート名にちなんだ「ドレミの歌」で幕が上がりました。

そして「アメリカン・パトロール」へと続き、
その次は好評頂いている各楽器を紹介しながら「ミッキーマウス・マーチ」を聴いていただきました。

吹奏楽曲である「シンフォニア・ノビリッシマ」も演奏しました。
学生時代に吹奏楽をしていた方は一度は聴いたことがある曲だったのではないでしょうか?

第2部は冒頭の"エルクンバンチェェエーローーー"で有名な「エル・クンバンチェロ」から幕を開けました。
指揮者と奏者、張り合っていたようですが、どちらに軍配が上がったのでしょうか?!

「シンコペーテッド・クロック」ではかわいい指揮者さん2名がcloverの指揮に挑戦してくれました。
いつもとは違う、味のある「シンコペーテッド・クロック」になりました。

「線路は続くよどこまでも」ではcloverのキッズが書いた絵をバックに映しながら
お客様と一緒に大きな声で歌いました。

そして最後の「ヤングマン(Y.M.C.A.)」ではcloverキッズが登場し、お客様のお子さんも舞台前に集まって一緒に踊りました。
ヤングマンは小さいお子様から大人の方まで皆さんよく知っている曲ですよね。

温かい拍手に包まれてのアンコールは、cloverキッズが再登場し、手拍子で盛り上げながら「おどるポンポコリン」に続き、
「星条旗よ永遠なれ」を演奏し、"ありがとう🍀"で幕を閉じました。

最後までたくさんの拍手、本当に嬉しかったです。
会場にいた方も、そうでなかった方もどうぞ末永くcloverを応援してください。

ありがとうございました!!

担当:Sax

4月16日 火曜日練習

〈参加者〉
Fl : 1名、Ob : 2名、Cl : 8名、Sax : 4名、Tp : 5名、Per : 2名、キッズ : 1名、合計 : 23名

〈合奏曲〉
♪ ドレミの歌
♪ ミッキーマウス・マーチ
♪ アメリカン・パトロール
♪ 線路は続くよどこまでも
♪ シンコペーテッド・クロック
♪ シンフォニア・ノビリッシマ
♪ エル・クンバンチェロ
♪ ヤングマン【Y.M.C.A】
♪ おどるポンポコリン
♪ 星条旗よ永遠なれ

〈注意点〉
♪ドレミの歌
L 7小節目の8分音符は止めずにランと響かす

♪ ミッキーマウス・マーチ
冒頭の7連符はしっかり頭の音を見せる
M 4小節目の休符はちゃんと休み、後の音ははっきり出す
P アウフタクトは軽さを見せる

♪ アメリカン・パトロール
8分音符は裏のビートを感じて
細かい音符はすべらないように

♪ 線路は続くよどこまでも
冒頭の8分音符はちゃんとセパレートで吹く
Gから重たく聴こえるので前向きに

♪ シンコペーテッド・クロック
頭の音はランと響かせる

♪ シンフォニア・ノビリッシマ
シンコペーションのリズムは転ばないように
Dの8小節前 細かい音符は入るタイミングを合わせる
H メロディーラインを感じて、木管の三連符は息を前向きに入れる

♪ エル・クンバンチェロ
入りを合わせる

♪ ヤングマン【Y.M.C.A】
最後はちゃんと音を張ってから落とす

♪おどるポンポコリン
もうちょっと前向きなテンポにする

♪ 星条旗よ永遠なれ
ドラムマーチ2小節のあとに入る
Trioからは音のエッジが見えないように滑らかに
頑張りすぎない
Grandiosoからは音量より息のスピード
最後はザンと響かせる

ドレミコンサート2019の最後の練習でした。
お客さまに楽しんでいただくのはもちろんのこと、我々も楽しんで演奏しましょう‼︎

担当 : Fl

4月13日 ドレミコンサート2019リハーサル

《参加者》
Fl&Pic 5名 Ob 2名 Cl 12名 Sax 8名 Tp 8名 Hr 4名 
Tb 3名 Euph 2名 Tuba 1名 Key/St.Bs 1名 Per 3名 キッズ 大勢 
計47名+キッズ

《合奏曲》
ドレミコンサート通し
♪ヤングマン【Y.M.C.A.】 
♪おどるポンポコリン 
♪星条旗よ永遠なれ 
♪シンコペーテッド・クロック 
♪線路は続くよどこまでも 
♪エル・クンバンチェロ 
♪ミッキーマウス・マーチ 
♪ドレミの歌 
♪アメリカン・パトロール 
♪シンフォニア・ノビリッシマ 

《注意点・その他》
星条旗:
・ドラムマーチ2小節をきっかけに入る。

シンコペーテッド・クロック:
・4分音符が4つあるとこはしっかり。

エル・クンバンチェロ:
・音が流れないように
・最後のフェルマータははっきりと。

ミッキーマウス・マーチ:
・各パート立つ前の予備動作があってもOK。
・モデル立ちで、演奏席が横向きでも正面を見る。

シンフォニア・ノビリッシマ:
・D~ 低音が重く聞こえやすいので、音の隙間を空ける。
・G 8分音符で刻んでる人は頑張りすぎない。
・付点4分音符は流れをつけて。
・I 出だしの音量は小さめからスタート。4小節前4拍目決める。
・H 打ち込みの人は、4分音符が短くなりすぎないように。
・K 1小節前の3.4拍目ブレスとってもOK。
・L~ メロディラインは前向きに。
・Tp2nd、3rdは遅れて聞こえやすいため、スピードをつけて音は短めで。
・アクセントより音を響かせるイメージを。一番最後は低めで終わる。

《注意事項》
・しおりをしっかり見直しておいてください。
・本番当日は今宮ウインドさんよりティンパニーとグロッケンをお借りします。グロッケンのケースが壊れやすくなっているため、運搬時は取扱いに注意してください。
・お面・キラキラ飾りなどは、司会者のアナウンス中につけてください。
 ミッキーの耳を持ってる人は当日忘れないように!

いよいよ次の土曜日は「ドレミコンサート2019」です。練習の成果を出しきって、皆様に楽しんでいただけるコンサートにしましょう!

担当 Tp

NEXT