Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

6月23日 土曜日練習

〈参加者〉Fl&Pic2名 Cl5名 Sax5名
Tp3名 Hr3名 Tb3名 Euph2名 Per2名

〈見学者〉Fl1名

〈合奏曲〉
・We can!! HUGっと!プリキュア
・ルパンレンジャーVSパトレンジャー
・365歩のマーチ
・線路は続くよどこまでも
・ヤングマン
・ふるさと
・SINFONIA NOBILISSIMA

〈注意点〉
♪プリキュア
H シンコペーションは強くではなくハッキリ。ゆっくりアーティキュレーション整理しましょう。
K スラー短めでリズムはっきり、同じ動きの人は合わせる。

♪ルパンレンジャー
曲全体8分音符の存在感、転ばないように気をつける。
シンコペーション2拍目4拍目の裏が転んで聞こえないように。
TpTbHr3小節目3拍目から落とす。
Aからのフレーズ流れを感じて。
F3小節前のリズム、パリッと若々しく。
Fからリズム短めハッキリ、4拍目8分音符転ばないように注意。

♪365歩のマーチ
7月訪問演奏するアップリケアでは一曲目で演奏します。
コンミスの合図で入り“ワンツー”の掛け声をしっかりすること。
Dは一度ボリュームを落として8小節目からのfとのメリハリをつける。

♪線路は続くよどこまでも
オープニング部分揃える。
Gメロディはスラー無しで演奏する。
H〜Iはカット。
F1小節前3拍目は全員集合、合わせる。
K1拍前、中低音の音追加は前と同じです。
木管16分音符には息を入れてハッキリきかせる。

♪ふるさと
7月訪問演奏するアップリケアでは、2番まで演奏、歌ありのためritは無しで終わる。
2nd3rd音量かなり抑える。メロディパートしっかり。
全体的にブレス位置がズレるように工夫すること。
4小節のフレーズを感じて演奏する。

♪SINFONIA NOBILISSIMA
Aまで幅の広いオルガンのような太い響で。
A1拍前の音、エネルギー保った状態でAに入る。
Aからメロディ4小節のフレーズを感じる。
リズム転ばないように。
2拍3連3つの音は均等に演奏すること。
H〜重要。
中間部はたっぷり歌う。
豊かなサウンドで曲を作っていきましょう。



帰りは雨が降り出し大変でした。
皆さん楽器は無事だったでしょうか?

〈担当〉クラリネット

5月19日土曜日練習

〈参加者〉Fl&Pic 2名、Ob -名、Cl 5名、Sax 5名、Tp 3名、Hr 3名、Tb 1名、Euph 1名、Per 2名、キッズ 9名、合計 31名

〈合奏曲〉
・アンパンマンたいそう
・We can‼︎ HUGっと!プリキュア
・ルパンレンジャーVSパトレンジャー
・YMCA
・(試奏)365歩のマーチ


〈注意点や気がついたこと・その他〉

♪アンパンマンたいそう
・1カッコおよび2カッコの4小節間をカットしてEへ。
・イントロは1拍目3拍目を意識して合わせましょう。
・Aの前1小節目 焦らずに アクセントはしっかりと。
・C 1小節目の4拍目の四分音符はスタッカートがありますが、長めに。(原曲をイメージして ♪アンパンマンはー ・・・♪)
・ラスト2小節目 3拍目裏からは よりはっきりと。

♪We can‼︎ HUGっと!プリキュア
・冒頭3.4拍目は次につなげる。
・Dの前2小節目でしっかり切る。
・Dの前1小節目はDに向かう感じで。
・Fの前2小節目の付点八分休符はしっかり休む

♪ルパンレンジャーVSパトレンジャー
・D 1小節目 3拍目の付点四分音符は弱くならない
・Dからのシンコペーションのフレーズ 音が短くならないように
・Fの前1小節目 しっかりとそろえる

♪YMCA
・Aの前のクレシェンドは 3拍目から
・Cの前1小節目からは 西城秀樹さんVer.にあわせてメロディー変更(Sax、Euphほか? )・アーティキュレーション変更(Tpほか?)。 各パートで統一・伝達・確認をお願いします。

最近 コマーシャル(替え歌)で耳にするYMCAですが、歌いだしも『♪ィヤングマン…♪』とイメージして さらっと吹かない方がいいですね。と指揮者さん・奏者とも西城秀樹さんのイメージが強く このイメージで演奏することになりました。
最後になりましたが、西城秀樹さんのご冥福をお祈り申し上げます。

担当 Sax

4月14日 ファミリコンサートリハーサル

<参加者>
 Fl:3名、Ob:2名、Cl:11名、Sax:7名、Tp:8名、Hr:4名、Tb:5名、Euph:2名、Key/St.Bs/El.Bs:1名、Perc:4名、
 キッズ:25名、合計:72名


<合奏曲> ファミコン通し

🎵ピクニック(キッズダンス)

🎵ボギー大佐
・最後のつき直しの音は強く。しっかり決める。軽くならないように

🎵ぼよよん行進曲
・八分音符が4/4の感じではなく、3連の八分音符を意識して。
・インテンポよりゆっくりめ(キッズダンスに合わせて)
・最後音は心持ち伸ばして、張ってしっかり終わる

🎵HEIGH-HO
・幕降りて、半分くらい開いたら演奏開始

🎵手のひらを太陽に
・Eの2小節前長めに

🎵山の音楽家
・スタンド後イス座る時確認せず座る方がいい

🎵春の猟犬
☆テンポの変わり目しっかり指揮みる

🎵ディズニーメドレーⅡ
・ディズニー終わりで、ありがとうの花のアナウンスの間にミッキーの耳を取る

🎵ありがとうの花

🎵王さまと動物たちのさんぽ


<注意点>
・大ホールの演奏なので音のはじめを息のスピードをつけて吹く。
・ぼよよん終わり、合図で起立→指揮者の礼で暗転(演奏者は立ったまま)→暗くなったら順次すみやかに退場する。


いよいよ来週、練習の成果を出し切りましょう!


担当:Tb

3月17日 土曜日練習

<参加者>
 Fl:2名、Cl:3名、Sax:6名、Tp:4名、Hr:2名、Tb:2名、Euph:2名、Perc:2名、
 キッズ:15名、合計:38名

<合奏曲>
ファミコンの全曲を通し、キッズの練習もしました。

♪ハイ・ホー

♪手のひらを太陽に
E3小節前の4拍目→2小節前の1拍目 少し長めに

♪山の音楽家
最初の入りを揃える
テンポの変わり目に注意

♪ありがとうの花

♪王さまと動物たちのさんぽ
Cの4分音符4つ マルカートに

♪ピクニック
立つ時の足に注意

♪ボギー大佐
[2]のメロディ、[2]1小節前と、2小節目の2拍3連 はっきり

♪ぼよよん行進曲

♪ディズニー・メドレーII
最初、焦らない

♪春の猟犬
170小節目 3/4拍子のところは急がない


担当:Tb,Fl

2月3日 土曜日練習

<参加者>
 Fl:2名、Ob:1名、Cl:3名、Sax:4名、Tp:2名、Hr:2名、Tb:5名、Euph:1名、El.Bs:1名、Perc:2名、
 キッズ:11名、合計:36名


<合奏曲>
ファミコン全曲通し

🎶HEIGH-HO
しっかり息入れる

🎶手のひらを太陽に
初めのタンタッタターはできるだけはっきり
八分音符はっきり、息のスピードつけて

🎶山の音楽家
Clソロ終わり→転調になるところははっきり吹く
それぞれのソロ終わり、全体で入る八分は不安そうに聞こえないようにはっきり吹く
テンポ変わり目注意

🎶春の猟犬
インテンポに近づけて演奏しました
リズム転ばないように(特に3/4拍子の小節のところ)

🎶ディズニーメドレーⅡ
インテンポに近づけて演奏しました
入るタイミング意識してください

🎶ありがとうの花
2カッコ入ったあとのダルセーニョから戻ったサビ部分(最後のサビ)は1、2回目のサビよりボリュームもテンションも優しく吹く

🎶王様と動物たちのさんぽ
16分音符のシンコペーションなとの細かいリズムはできるだけ揃えていきましょう

🎶ピクニック(すみこんバージョン、1カッコあり)
スタンド練習しました
テンポのタイミングで立つように揃うように意識する
最後の小節の2拍目でベルアップ(少しでいいので揃えることに意識する)

🎶ボギー大佐~ぼよよん行進曲
続けて演奏しました
ボギー→2拍子焦らず
ぼよよん→3連符が滑って聞こえないように注意

全体通して、音量より、息のスピードを意識して遠くに音を飛ばすイメージで意識して吹きましょう


担当:Tb

1月13日 土曜日練習

<参加者>
 Fl:4名、Ob:1名、Cl:4名、Sax:4名、Tp:2名、Hr:2名、Tb:4名、Euph:2名、Tuba:1名、
 Perc:2名、キッズ:14名

<合奏曲>
♪ハイホー
  メロディーは息で飛ばすように吹く。
  Bの装飾音符はしっかりと

♪手のひらを太陽に
  冒頭のメロディーはしっかりと。トリルは粒をみせる。
  H 付点二分音符の処理を
  G 3小節目のトリルは明るく。

♪山の音楽家
  転調する所はアンサンブルするつもりで。
  曲の頭もアンサンブル。
  Saxの下りのチューバ、ユーホ、音をかたく。
  D から遅くなる。
  終わり2小節前からrit.

♪春の猟犬
  98小節の4つ前から、8分音符でカウント。98小節からも8分音符の流れで。
  16分音符の連符の、ジャストのところから入るところ、裏から入るところ、の入りを明確にしていきましょう。

♪ありがとうの花
  ダルセーニョした後、ワンランクアップして吹く。
  最後は決める。

♪ピクニック
  ビートが無くなると、重たくなるので注意。

♪ディズニー・メドレーII
  速い部分、息のスピードでタンギング。

♪王さまと動物たちのさんぽ


本日は、客演の方も2名来られて、低音パートが充実していました。

<担当:Cl>

12月16日(土) 練習

<参加者> Fl&pic2名 Cl3名 Sax4名 Tp3名 Hr4名 Tb2名 Euph2名 Per1名 キッズ10?名

<合奏曲>
♪ピクニック
♪赤鼻のトナカイ
♪手のひらを太陽に
♪ボギー大佐
♪ハイホー
♪春の猟犬

<注意点や気がついたこと>
♪手のひらを太陽に
頭の付点8分、息をよく入れて。
Eの2小節前アウフタクトもう少し長めに
EのHr打ち込み3拍目軽く
Hからの付点2分音符の人しっかり入る

♪ボギー大佐
メロディー力入りすぎない。爽やかな感じで。
メロディーの“さる”の部分はしっかり、“チンパンジー”は止めすぎない。
2のメロディ固めに。
3はトリオ前で終わる様に盛り上げて。

♪ハイホー
Dのアウフタクトメロディーの人しっかり。

♪春の猟犬
neno mossoたっぷり向かって行く
8分音符のメロディー裏の所が前に行ってしまわない様に
208の4つ前、跳ねすぎない。
221、Euph.Tb出だししっかり。
254、メロディー転びやすいので体重をかける様にしっかりと。
271、音の最後投げっぱなしにならない様に。
終わり5小節前の入り丁寧に。
細かいカウントで練習、譜読みをして行きましょう。


<担当Hr>

11月25日 土曜日練習

〈参加者〉
Fl : 2名、Ob : 1名、Cl : 4名、Sax : 4名、Tp : 3名、
Hr : 2名、Tb : 1名、 Euph : 1名、Per : 3名
キッズ : 14名 計 : 36名

〈見学者〉 Euph

〈合奏曲〉
♪ありがとうの花
♪SHINE‼︎キラキラ☆プリキュアアラモード
♪LUCKYSTAR
♪あわてんぼうのサンタクロース
♪ボギー大佐
♪ぼよよん行進曲
♪春の猟犬

〈注意点〉
♪ありがとうの花
指揮者体験の位置:Bからコーダへ飛びラストまで(13小節)
※ 最後の音は、指揮体験者が止めるまで伸ばし続ける

♪あわてんぼうのサンタクロース
あたま3小節目の16分音符の入りをしっかり合わせる
Aの2小節前 ボリュームしっかり
Cの小節あたまでアンサンブル
終わり4小節 2分音符クレッシェンド

♪ボギー大佐
あたまの音 短くならないように音に重みをもたせる
①メロディーの全音符は伸ばしすぎないように
②からBメロに入るので、その前はしっかり終わらせて雰囲気を変える
③の1小節前の全音符「ザーン」と決める
③のメロディーの2回目(③の17小節~)はボリュームを上げる
Trioの2小節前の伸ばしの音は突き直す

♪ぼよよん行進曲
1かっこカット
8分の12 3連符の基本のリズムを意識
最後の8分音符は短くなりすぎないように「ダーダン」 

♪春の猟犬
9小節目 あたまの音は響かせる
34の6小節前 響かせる
56の2小節前 焦らないように
63 木管メロディー はっきり

〈担当〉Ob

10月21日 土曜日練習

〈参加者〉
Fl&Pic : 3名、Cl : 3名、Sax : 3名、Tp : 2名、
Hr : 4名、Tb : 1名、Per : 3名
キッズ : 13名 計 : 32名

〈合奏曲〉
♪ SHINE‼︎キラキラ☆プリキュアアラモード
♪ LUCKYSTAR
♪ 王さまと動物たちのさんぽ
♪ ありがとうの花
♪ ピクニック(やってみよう)
♪ ぼよよん行進曲
♪ 序曲「春の猟犬」
♪ ディズニー・メドレーII

〈注意点や気がついたこと〉
♪ SHINE‼︎キラキラ☆プリキュアアラモード
最初のテーマAとMのリズム→長くならないよう短めに音の処理をそろえる
B5小節目→はっきりと

♪ LUCKYSTAR
裏のリズムは抜いた感じで
D→四分音符はっきりと
G木管→リズムが万遍なく聴こえるように音を出す
I 2小節前ホルン→大きめに

♪ 王さまと動物たちのさんぽ
メロディーはっきりと
C4小節目一拍目優しくならないように
J4小節前テヌートで音をキープ 場面を変える気持ちで
Jから楽な感じで
L1小節前→音をはる Lから雰囲気を変える

♪ ありがとうの花
3小節目3音目→メロディー意識して音がお辞儀しないように
 
♪ ピクニック(やってみよう)
上のビートを大切に
リズム 付点四分音符と八分音符の流れをはっきりと
I 後→後ろにいかないように前向きに
J6小節目の最後「タン(軽くならないようにしっかりだす)タン」

♪ ぼよよん行進曲
1カッコなしで即2カッコに入る
D1拍目きめる
リズムが短くなっているところは長くならないように

♪ 序曲「春の猟犬」
3/4焦らずに
9小節目頭、10小節目動きだし→音をそろえる
28小節目、29小節目頭そろえる タイのはじめの音をそろえる
63小節目→タイかかっているが2つ目の音のイメージを出して
Meno mosso→八分音符歌うように
135前→時間をかけて楽に吹く ゆっくりでもどこに向かうのかを意識して
149からリズムしっかりと 付点八分音符 16分音符→はねないように 

♪ ディズニー・メドレーII
B2小節前頭→みんなできめる気持ちで
木管→K4小節前からはっきりと
K→♫♩の最後の音は抜く感じで
N4つ前→アーティキュレーションをそろえて付点八分音符が長くなりすぎないように
きめるところをきめていく 細かい音のタイミングとテンポを合わせるように

〈キッズの様子〉
大きい子どもは、ゲームをする子たち、ホワイトボードにお絵描きしたりする子たち、と分かれて
特にトラブルもなく、時々楽しそうに盛り上がりながら過ごしていました。
今は小さくてまだママから離れにくい子も、そのうちに成長して子ども同士で過ごすようになっていくんだろうなあと思いました


担当:Cl

9月30日 土曜日練習

Fl&Pic 3名、Cl 4名、Sax 3名、Tp 5名、Hr 1名、Tb 2名、Euph 1名、Per 1名、キッズ 7名 合計27名

<合奏曲>
♪ 手のひらを太陽に
♪ ありがとうの花
♪ LUCKYSTAR
♪ SHINE‼︎キラキラ☆プリキュアアラモード
♪ ピクニック(やってみよう)
♪ 勇気100%
♪ 王さまと動物たちのさんぽ
♪ 春の猟犬

<注意点や気が付いたこと>
♪ 手のひらを太陽に
Cの1小節前、付点の人しっかり。でもテンポはつまらないように
Gのメロディは演奏する楽器が前半後半分かれているけど、どちらも音量しっかりと

♪ ありがとうの花
フルートAの5小節目の3拍目4拍目、次のフレーズに持っていく感じで。スラーは切れているけど、大きいフレーズで
おわりゆっくり目になるので丁寧に

♪ LUCKYSTAR
転調に気を付けましょう。次の調の音を意識して
冒頭のシンコペーション、ほんの少しだけ音を抜く
Cの1拍前の4分音符しっかり入る
G大きなフレーズで

♪ SHINE‼︎キラキラ☆プリキュアアラモード
リズム滑らない。1拍目3拍目ていねいに
Cの2小節前の1拍目四分音符タイの音符ながくならないように
J2小節目4拍目の裏短めに
Mすべらない

♪ ピクニック(やってみよう)
Jの2小節目タッタティーアのリズムの人しっかり
童謡の歌詞でいうと「丘ーを超え・・・」のところ、小節の頭をしっかりと
Gの前やBの6小節前から2分音符を吹いてる人はマルカートで。跳ねないけど発音ははっきり

♪ 勇気100%
2小節目のシンコペーションの人ころんで聞こえるので丁寧に、連符の人もいそがない

♪ 王さまと動物たちのさんぽ
Lの1小節前走らないように
Hの1小節前の8分音符、クレッシェンドにつれて音が長くならないように

♪ 春の猟犬
8分音符クリアに
264など、ターンタタン タッターンのところ、どこで出てきても躍動感のある音で。間に休符があるときも息のスピードを


担当:Tp

NEXT