Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

3月24日 火曜日練習

<参加者>
 Fl.:5名、Cl.:2名、Sax.:3名、Tp.:3名、Tb.:1名、Per.:1名
 キッズ約20名 計約33名

<基礎練習>
 B♭7拍1拍の音階 B♭レガートタンギング

<合奏曲>
 『きよしのズンドコ節』 『時代劇スペシャル』 『宮崎駿アニメファンタジー』

<気がついたこと>

★きよしのズンドコ節
あせらず音の長さを楽譜通り保つように
Fの2小節前アクセントテヌートに気をつける

★時代劇スペシャル
B ジャジーにけだるい感じででも音はハッキリ
E 4小節目クレッシェンド
menomossoのメロディーのブレスを同じところでしない
F 水戸黄門の3連拍あせらない
H 発音をしっかり
K 4小節メロディーは1フレーズ
ラスト3小節前ritはナシ

★宮崎駿アニメファンタジー
I 16分音符あせらない すべらない
終わり2小節の3拍目仕切りなおしで音をつかまえる


<キッズの様子>
春休みなので少し大きい子が多かったです(女の子が多かった)
男の子はいつも通りおもちゃの取り合いがありました。
お誕生会をしました。(おめでとうございます!)


担当:SAX

3月14日 住吉人権文化センターまつり

<場所>
  住吉人権文化センター ホール

<参加者>
  Fl 2名 Cl 4名 S.Sax 1名 A.Sax 1名 T.Sax 2名 Fg 1名
  Tp 4名 Tb 2名 Eu 1名 Per 2名

<演奏した曲>
  童謡メドレー
  千の風になって

2009_3_14 bunka-no-matsurii

3月10日 火曜日練習

<参加者>Fl.:3名、Cl.:3名、Sax.:2名、Tp.:2名、Tb.:2名、Per.:2名、キッズ:12名 計26名

<合奏曲>『千の風になって』、『きよしのズンドコ節』、『時代劇スペシャル』

<気がついたこと>
●千の風になって
B~ Sax.、フレーズを作って
Fの5小節目アウフタクト Fl.の連符しっかりと
2カッコ~ テヌートはしっかり音を保つ
●きよしのズンドコ節
最初から2小節 16分音符の頭をハッキリと
Aの4小節目 8分音符走らない&4分音符をつかまえて→5小節目の頭をつかまえる
B~ Tb.、テヌートがついているが発音をハッキリと
Cの3小節前 1拍目の8分音符をキメる
最終小節 3拍目の4分音符は短くなりすぎないように
※全体的に頭拍に重点を置いて、演歌のノリを意識する!
●時代劇スペシャル
Bの2小節前 Hr.が入ってからdim.開始
Bの7小節目~ メロディーはクリアに
付点8分+16分のリズムはけだるい感じ、音を抜かない→Jazzyなイメージで
F~ メロディーはハッキリと、音の長さを守って
最後 2拍3連符の3拍目、短くならないように

<キッズの様子>
男の子はいつもながら電車の取り合いが目立ちました
女の子はそれぞれにおとなしく遊んで居ました

<その他>
土曜日の本番は指揮者なしなので、もう1度合わせるポイントなど復習しておきましょう


担当:クラリネット

3月7日 土曜日練習&リハーサル

<参加者>
  Fl 1名、Cl 4名、Sax 4名、
  Tp 3名、Hr 2名、Tb 1名、Euph 1名、Per 2名 キッズ 大勢 

<合奏曲>
千の風になって:指揮者不在の3月14日の練習

童謡メドレー: 指揮者不在の3月14日の練習

<気がついた事>
千の風になって:最初から2小節間の旋律の縦の線が揃ってないのが気になりました。
        ゆっくりな曲なのでピッチ悪さが特に目立つのでまわりを聴きましょう。

童謡メドレー: アーテュキレーションの再確認をしましょう。

<キッズの様子>
ホールに行ってからは、場所が広くなったので大きい組は自由奔放に
小さい組はママと離ればなれで泣いている子がいました

<決まり事>
3月14日の本番に臨時的にコンミスをフルートの一番外側(客席より向かって左)の人が担当する事になりました。

千の風になって:終わり4~5小節にかかっているフェルマータを切ります。
        終わり2小節前の2分音符から最後の小節に入るタイミングを合図します。
        最後の全音符のフェルマータを切ります。

童謡メドレー: 最後の音を切ります。

                    ※すべて楽器(フルート)で合図します

演奏前: 曲紹介のMC後、楽器を構えて下さい。パーカッションの4拍カウントが入ります。
演奏後: 拍手を頂いた後、コンミス担当者が立つのを見て、一斉に立ち上がってください。
     その後、コンミス担当者のみが“一礼”をします。そして退場します。


担当:フルート