Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

6月25日 土曜日練習

<参加者>
Fl&Pic:2名 (Kids1名) CL:2名 Sax:4名  
Tp1:名 Hr3:名 Tb:2名 Euph:1名 Per:1名 Kids:12名 

<合奏曲> 
♪童謡メドレー 
♪さんぽ 
♪会いたかった 
♪ゴーカイジャー 
♪プリキュア 
♪上を向いて歩こう  
♪アンパンマン

<気がついたこと>

♪童謡メドレー
・G「1「2レガートで
・P2分音符 最後までフレーズをきかせて

♪さんぽ
・テヌートに惑わされず 付点8分音符、16分音符のところは揃える
・F~落とすパートと目立つパートがあるので意識すること

♪会いたかった
・テヌートはポップスでしっかり入る

♪ゴーカイジャー
・Bは長くなりすぎないこと
・テンポ的に速く演奏できるように慣れておくこと

♪プリキュア
・Dの2小節目、4小節目すべらないように
・Fリズムすべらないように
・終わり2小節前はクレシェンドに変更

♪上を向いて歩こう
・メロディラインは原曲より大きなフレーズで吹くと前向きに

♪アンパンマン
・お子様が歌いやすいテンポで演奏する
・Dはテンポが速くなりやすいので注意

<Kidsの様子>
6月生まれのお誕生日会をしました
大きい子はゲームをしたり、小さい子はそれぞれ遊んでたり、ママに甘えたりしてました。
おやつタイム後からは、走りまわる子も何人かいました


担当:Per&Tp

6月21日 火曜日練習

<参加者>
Fl&Pic:1名, Cl:6名, Sax:5名, Tp:2名, Hr:1名, Tb:1名, Euph:1名, Per:2名, Kids:9名,

<合奏曲>
♪童謡メドレー
♪さんぽ
♪会いたかった
♪上を向いて歩こう
♪ゴーカイジャー
♪スイートプリキュア

<気がついたこと>
♪童謡メドレー
・頭から4小節目はクレッシェンドして5小節目に向かう。
・Eの「わんわん、わわん~」は「わわん」に重心を置く。
・Gは3拍目から次の小節の1拍目にかけて音楽作りする。
・Lからはベタ吹きにならないように前向きに。

・本番は指揮者なしの時もあるのでritしすぎず、皆でアンサンブルする。

♪さんぽ
・前奏のクラリネットとアルトは本番はどちらかだけに吹いてもらう可能性あり。しかし練習はしておく。
・前奏のアーティキュレーションは次回発表します。
・全体のバランスを考える。
・メロディ以外は小さく。

♪会いたかった
・Aのメロディーはマルカートで。

♪上を向いて歩こう
・全体的に重たくならないように前向きに。

♪ゴーカイジャー
・アクセントは息を入れて鋭さを表現する。
・アクセントテヌートはベターっとならないように。

♪スイートプリキュア
・アクセントテヌートは躍動感を持って。


<キッズの様子>
みんなそれぞれ絵を描いたり、おもちゃで遊んだりしていました。

★8月に演奏する曲目が増えたので今日は「会いたかった」を初合奏しました。
「アンパンマンマーチ」もするので楽譜を持って来てください。


担当:Fl&Sax

6月7日 火曜日練習

<参加者>
Fl&Pic:1名, Cl:4名, Sax:3名, Tp:2名, Hr:1名, Tb:2名, Euph:1名, Per:3名, Kids:5名,

<合奏曲>
♪童謡メドレー
♪さんぽ
♪スイートプリキュア
♪ゴーカイジャー
♪上を向いて歩こう

<気がついたこと>
♪童謡メドレー
・Aの1小節前の3、4拍目でしっかりとクレッシェンド。
・チャチャチャの部分は、短めにクリアに。
・リズムの人は、ビートを感じて。
・ワンワン ワワン~の ”ワワン”は、力を入れすぎない。慌てない。
・G、2回目のクラリネット、遅れない。メロディーについていく。
・H、1小節前でritゆったり。
・K、3小節前、短くなり過ぎない。歌詞のイメージで。
・Oの2カッコのテヌートは、ジャジーに!かつ発音はっきり。
・P、4小節目、しっかりみんなで区切りをつける。

♪さんぽ
・テンポ感なずみのある音で、マルカートで。
・D、Cl2とアルトSaxのスラーは切れてるが、大きなフレーズでやさしく流す。
・G、5小節目の3拍目の下の音をクリアにはっきり。

♪スイートプリキュア
・Aからのメロディー、指示なければマルカートでスピード感。
・休符の後の音は、はっきりと入る。
・Dからのメロディー、2・4小節目を意識
・F、4小節が大きなフレーズで、7小節目が山になるように、もっていく。
・Coda、2小節目の4拍目と、3小節目の1拍目をはっきり、抜けずに吹き切る

♪ゴーカイジャー
・ダブルバーの前は、曲調が変わるところなので、大事に吹く。
・タイの音の処理 抜かない押さない
・Aの前のリズム、テンポ正確に。
・D、3小節前の3拍目すべらない、2小節前の3・4拍は大きめに。
・E、1小節前は、みんなでテンポをそろえて、Eに入る。

♪上を向いて歩こう
・E、4小節をスラーでつながるように。
・終わりの1小節の装飾音符は、きめる!

<キッズの様子>
すごくおとなしく&楽しそうに、椅子を並べて電車ゴッコ?してて、おだやかでした。

★チューニングの方法。
・室内温度が、1年中差が少ないため、年間を通して、チューナー442で合わせる。
・Clの音を出す人は、立って、後ろ(みんなの方)を向いて吹く。
・木管→金管の順で、耳で音を合わせる。


担当:Cl