Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

9月21日 土曜日練習

<参加者>
Fl&Pic 2名、Cl 2名、Sax 6名、Tp 2名、Hr 4名、Tb 1名、Euph 1名、Per 2+キッズ1名、キッズ16名


<合奏曲と注意点>

♪VAMOLA!キョウリュウジャー
 最後の音張る(全員で)。
 Hからマルカートで音をはっきり見せる。
 Aの2拍3連、しっかり2拍を3分割する。
 Hの1前はHへ向かって前向きに。

♪Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア
 4小節目の2拍3連2つは分割しないでひとまとまりに、最後の音がAの人はFに
 Fからのメロディ前向きに5小節目へ向かって、Dは4小節でひとまとまりを伴奏の人も意識する。
 きめの部分はその直前の小節から意識する。

♪サンタが町にやってくる
 初合奏でした。Swingなのでイーブンにならないように注意。
 4拍裏の8分はひっかけなので注意。3連符は拍通り。
 裏のリズムで出てくる人は音を張る。
 I4前や5つ目の4分ははっきりと。
 Iから水戸黄門の4分は長めに。

♪J pop stage
 Gの3、4小節前はクレッシェンド
 E2小節前Hrのゲシュトップはっきりと。 
 GからCl 1st、2nd、と3rdのかけあいになっている。
 R 1拍前決める。
 O の1小節前8分のザンはしっかり合わせる。
 Kの北風小僧頭からメロディーある人しっかり出る。
 Qの頭まで音がある人は、河野さんの振り下ろし同時に音を切る。

♪線路は続くよどこまでも
 リズム(キッズパーカッション)の練習。
 Fより前はパンダのリズム、G以降はパンダ+アンパンマンで。

♪シーゲート序曲
 7 3小節目1~2拍裏のメロディーはっきりと
 7/8の3-2-2の2-2は次の3つへつながるように。
 13 2小節前の中低音の音は段々なじむように。

♪キャンディード序曲
 初合奏。通しただけでした。


<担当 Cl>

9月10日 火曜日練習

<参加者>
ob:1名、Cl:7名、Sax:3名、Tp:3名、Hr:2名、Tb:2名、Euph:1名、Per:4名、キッズ:4名、合計:27名


<合奏曲と注意点>
VAMOLA!キョウリュウジャー
 [H]メロディパートはっきりと入る

Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア
 [A]2つ前の 3.6めが短くならないように
 [G]あせらない
 [K]ドラムのフット最後ため気味に

世界に一つだけの花
 [A]2分音符系フレーズで音楽を作る
 [D]1つ前長くならない 音の形を見せるように
 [A]ハーモニー遅れないようにはっきりと
 [F]2つ前からFにむかってクレッシェンド(説得力があるように)

J-pop Stage vol.6
 [E]TBはっきりとメロディー
 [F]2つ前長くならない
 [H]後から入るグループ(HR,TB,EU?)はっきり
 [I]16分音符流れない
 [O,M]1つ前流れない
 [T]5つめから6拍め 次を強調するために音小さく

シーゲート序曲
 [9]fp→ff 吹ききる
   8分の7の4分音符次につなげるように意識
 [89,104]たっぷりと
 [97]の前のritは2拍目3拍目で
 [103]P~段階をつけてffまで
 [120]2つ前から分割して指揮ふります
   テナーsaxフェルマータまでBで伸ばす
 [179]1つ前大きく


担当:Tb

9月3日 火曜日練習

<参加者>
Cl 6名、Sax 3名、Tp 4名、 Hr 3名、Tb 1名、Per 3名、キッズ 4名

<合奏曲>
♪VAMOLA!キョウリュウジャー
♪Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア
♪線路は続くよどこまでも
♪シーゲート序曲

<注意点>
♪VAMOLA!キョウリュウジャー
Fの2小節目、3拍目、メロディの人しっかり!
Cの前、Gの前、できるだけはっきり吹く
全体的に決めるところははっきりと!
1カッコ、3小節前、3拍目、しっかり吹く

♪Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア
Cの1小節前、Dの1小節前、Eの2小節前、クリアに!
なだれ込まないよう気をつける
全体的に、ffで決める箇所の前からのつながりを意識する
決めに向かう感じで吹く
Fの4小節目、いったん落ち着かない
終わり2小節前の全音符はクレシェンド
アクセントのついてる音符は、響きを大切に!

♪線路は続くよどこまでも
◎Hがカットになりました!

♪シーゲート序曲
8分の7拍子、4分の4拍子、4分の2拍子が分かれないように吹く
音符が止まってしまわないよう気をつける
svb.mpの前のfのサウンド、しっかり
fpはしっかり響かせてからクレシェンド
なにも記号がついていない音符はマルカートで
スラーのうしろの音符は短めに
37小節目、4分の2の小節、次に向かう感じでアクセント
44小節目の1拍目、3拍目にウエイトしっかりおく
Hrの対旋律はしっかり入る
シンコペーションは4拍目うらをしっかり
Tp、Cl、84小節目、2拍目あたまを響かせる
105小節前、できるだけためて吹く
3拍目、4拍目は分割して指揮します
中低音、はっきりと
163小節目からは、p、mp、mf、ffと正確にボリュームアップする
スピード感も落ちないように!
8分の7拍子はリズム感をだす
最後から3小節前の3拍目のうらの音符、しっかり飛ばす
全体的に同じメロディは、すべて同じニュアンスで吹く
速いところは、クリアに!


担当 Tp