Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

11月29日  粉浜幼稚園 訪問演奏

<参加者>
Fl&Pic 1名・Cl 6名・EsCl 1名・Sax 3名・Tp 3名・Hr 1名・ Euph 1名・Per 2名
計23名

<合奏曲>
・サンサンたいそう
・キョウリュウジャー
・ドキドキプリキュア
・楽器紹介(よろこびのうた)
・世界に一つだけの花
・線路は続くよどこまでも(キッズパーカッション)
・勇気100%(アンコール)

<感想>
園児さんの人数は少なめだったのに、演奏中の歌声が大きく、子ども達はみんなノリノリでした。アンパンマンやバイキンマンの顔が出てくると、指をさして声を出してくれたり、キョウリュウジャーやプリキュアは、元気に歌ってくれました。

キッズパーカッションも、見本をじーっと見ながら上手に手拍子してくれたり、楽しく参加してくれたと思います。

アンコールも、全園児さんで声を張り上げて「へい!へい!~♪」と歌ってくれました。


演奏会終了後は、年長児が楽器見学をしました。
各楽器を目の前に興味津々で、金管楽器のベルから出る音量にびっくりしたり、身近な存在の打楽器にも「これしってる!」と楽器名を言ったり、音を鳴らすと嬉しそうにしてくれていました。

園児さんの人数にもよるかもしれませんが、今後も年長児だけでも、こういった間近での楽器の見学会はしてあげるのも、楽しいかなと思いました。

担当 パーカッション

11月24日(日)訪問演奏

≫ Read More

11月19日 火曜日練習

<参加者>
Fl&Pic:1名 、Ob:2名 、Cl:9名 、Sax:6名 、
Tp:5名 、Hr:1名 、Tb:2名、 Euph:1名、 Per:4名 、キッズ:5名、計36名

<合奏曲と注意点>
今日は依頼演奏の曲を中心に練習しました!

♪VAMOLA!キョウリュウジャー

♪Happy Go Lucky!ドキドキ!プリキュア
  Aからのタンタンタン、A前のティラララからつなぐ感じで吹く
  C前、8分のカカッカカッは、1拍目、2拍目うらをしっかり決める!
  Fから、アルトとテナーは独立した動きをしているので、前向きに吹く
  メロディは大きめ、ハーモニーは小さめに吹く
  Tp3拍目うらをみせる
  K4拍目、8分のタンタンはしっかり

♪サンサンたいそう
  Dの1小節前、Codaのsfは明るく
  最後の小節、2拍目うら、しっかりとめる!

♪J-pop stage vol.6
  B3小節前、C3小節前のティーララン、ターラランは重くならず、丁寧にやさしく
  E2小節目3拍目、装飾音符、あたまが揃うように
   4小節目からのメロディ、5小節目2拍目の8分2つは短めに
  G1小節前からのタンタンタン、Gのあたまにかかる感じで
  Iからの手拍子、すべらないように
  accel.のところからしっかりaccel.かける
  Kあたまの音、短めに
  Rから8分きざみの人、前向きに
  T5小節目、音量おとす
  Tのアフタクト、丁寧に

♪線路は続くよどこまでも
  キッズパーカッションの練習をしました

♪サンタが町にやってくる

♪シーゲート序曲
  あたまから、5小節目はベタッとならない
  rit.の次のフレーズやさしく入る
  97あたまやさしく入る
  105前の8分、アクセントテヌートかなり意識をして吹く
  179ジャスト、テンポ感だす

♪世界に一つだけの花

♪勇気100%

担当 Tp

11月9日 土曜日練習

<参加者>
Fl&Pic:3名 Ob:1名 Cl:3名 Sax:5名 Tp:4名 Hr:3名 Tb:1名Euph:1名 Per:3名
Tuba(客演)1名 キッズ多数

<合奏曲>

♪VAMOLA!キョウリュウジャー 決めのポイントでウエイトをかける。

♪Happy Go Lucky!ドキドキプリキュア 終わり2小節の全音符はそのままのテンポで。

♪J-POP Stage vol.6(キッズソング編)Cのまえ、リズムのビートを感じて。
                    Kの3連符は短めに、全員そろえること。
                    Mのまえテンポ少し前向きに。

♪赤鼻のトナカイ Cのばしている人、ひかえめに。

♪サンタが街にやってくる 決めのリズムをそろえる。

♪シーゲート 26からリズムセクションの人、アクセントがつきすぎないでもうちょっと軽めに。ゆっくりのところのフレーズは最後の長さ丁寧に。



<感想>
今日は土曜日。小学生も多く、しかもいつもと違う練習場所で滑って遊ぶ子どもが多く危険でした…
今月からほやほや赤ちゃんも2名いますので、ますます注意が必要です。
各自練習中も自分の子どもから目を離さないよう気をつけていきましょうね(^_^;)
 
<担当>
久々のフルート♪

11月5日(火)曜日練習

<参加者>
 Fl:2名、Cl:6名、Sax:6名、Tp:3名、Hr:3名、Euph:1名、Perc:3名、
 キッズ5名   計28名


<注意点や気づいたこと.その他>

♪サンタが街へやってくる
  
スウィングは軽めなのでうしろにつけすぎず。四分音符はマルカート、はっきりと。
基本最初の音にウエイト 三連符はカカカではっきりそろえる。
Aからメロディーもスラーのうしろは短め。スウィングはリズムみせる。
Cメロディーの次の対旋律四分音符はっきり。Cトリルはかいてある音で終わる。
3連符スラー後は短め。E1小節前しっかり指揮をみてきるタイミング皆そろえる。(残り過ぎない)
リズムがややこしくなるとあせって聞こえるので落ち着いて。
Gの3連符後四分音符はらん!(長くなりすぎず)

H4つの小節を2分で動く感じ。2回目の方がボリュームup
I1小節前スウィングきかす。Iの6小節頭8小節目あたまウエイト Kの3つ前は一番ウエイト
stpは1拍は響かし、クレッシェンドは2拍で一気に盛り上げKにもっていく。


♪シーゲート序曲

5小節目 タァーンタァーン ンを意識(べたべたにならない) クレッシェンドは3、4拍めで。
2/4はころばない。17~付点八分はあたまからはっきりめ
73 5小節前はみんなでキメル! 41~メロディーリズムの人、らくにボリューム
49 16分ころばず カーンカーンカンにはめる。 89 4小節>は効果的に
971小節前リット 指揮を見てたっぷり。124~順に入っていくが、最初の2小節だけしっかりであとはらくに。179~元気めに 157~2小節目 4小節目 6小節目四分音符次につなげるかんじ。

♪星条旗 すべってきこえないように裏のビートを大切に練習。最後の音処理。

担当パート クラリネット