Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

4月19日 第7回ファミリーコンサート ~ クローバーと楽しいTV音楽みぃつけた ~

<場所> 
住吉区民センター 大ホール

<参加者>
Pic:1名 Fl:3名 Ob:1名 E♭Cl:1名 B♭Cl:10名 S.Sax:1名 A.Sax:5名 T.Sax:2名 Tp:8名 Hr:3名 Tb:2名+ 1名+客演1名 Eu:客演1名 Tu:客演1名 Perc:4名 計45名

<演奏曲>
【第一部】
●サザエさんア・ラ・カルト
●おどるポンポコリン
●キャンディード序曲

【第二部】
●スーパー戦隊&プリキュアメドレー━━ 楽器紹介 ━━
天装戦隊ゴセイジャー(Perc)/Alright! ハートキャッチプリキュア!(Hr)/海賊戦隊ゴーカイジャー(Tb)/ラ♪ラ♪ラ♪スイートプリキュア♪(Fl&Ob)/バスターズ レディーゴー!(Euph&Tu) /Let's go! スマイルプリキュア!(Sax)/VAMOLA! キョウリュウジャー(Tp)/Happy Go Lucky! ドキドキ!プリキュア(Cl)/烈車戦隊トッキュウジャー(金管代表)/ハピネスチャージプリキュア(木管代表)
●J-POP Stage Vol.6 キッズソング編
おなかのへるうた/アイスクリームの唄/どんな色が好き/ふしぎなポケット/そうだったらいいのにな/オバケなんてないさ
●ぼくコッシー
━━ 指揮者体験コーナー ━━
●あまちゃん
●線路は続くよどこまでも(キッズパーカッション)

●アンパンマンのマーチ


天候が悪いことの多いファミリーコンサートですが、今年は天候に恵まれました!

副題のとおり、今回はテレビ音楽のプログラムになっていました。


開演前、お姉さんとカエル君によるコンサートの聴き方講座から始まり…
『cloverでございま~す♪ 』(サザエでございま~す♪)の掛け声から、アニメ“サザエさん”の中で流れる音楽が次々メドレーで…♪
次はおなじく日曜日夕方、ちびまる子ちゃんのエンディング、おどるポンポコリン。
お客さんも手拍子をしてくださり、楽しく演奏出来ました♪
日曜日朝の題名のない音楽会のオープニング曲、キャンディード序曲は、難しくて苦労した曲でしたが、頑張って練習してきました♪

休憩後は、過去〜現在のスーパー戦隊&プリキュアの曲を全員でドラムに合わせて演奏し、サビメロディを担当楽器が演奏しました♪
2014_04_19_01.jpg

J-POP Stage Vol.6 では、有志のcloverキッズ達が、様々な演出で曲を盛り上げてくれました♪
2014_04_19_03.jpg

2014_04_19_02.jpg

次は、アップテンポで楽しい曲、ぼくコッシー。
指揮者体験もこの曲で行い、可愛い指揮者さん達がやる気満々で振ってくれました♪
あまちゃんは、大人向けでしたが、ノリの良い曲なので、お子様も聴きやすかったのではないでしょうか♪
線路は続くよどこまでもでは、演奏に合わせて、汽車の真似や手拍子をしていただき、cloverとお客様が一体となりました♪
再びサザエさんを演奏し、最後はアニメ「サザエさん」と同じく、ジャンケンポン!でプログラムを終えました♪
アンコールのアンパンマンのマーチでは毎度おなじみ?アンパンマン&バイキンマンが登場し、会場を盛り上げてくれました♪


多少のハプニングもありましたが、沢山のお客様に来ていただき、沢山の温かい拍手や声をくださり、嬉しかったです。
ご来場、ありがとうございました。

また、色々な面でcloverのために協力して支えてくださいました方々のおかげ様で、コンサートを無事に終える事が出来ました。
本当にありがとうございました。

これからも、お客様に「楽しかった」「また来ます」「幸せです」と言っていただけるよう、続けていきたいと思います。

2014_04_19.jpg


担当:トランペット

4月15日 火曜日練習

<参加者>
 Fl&Pic:1名、Ob:1名、Cl:8名、Sax:7名、
 Tp:7名 Hr:2名、Tb:1名、Per:4名、キッズ:5名、合計:36名

<合奏曲と注意点>
♪おどるポンポコリン
 全体的に前向きに吹いて下さい
 メロディのターラタの4分音符やA前の4分音符は強調する
 メロディのタッタタラタの最後のタの音は長くならない
 終わり3小節前は、次につなげる感じで吹く

♪サザエさん ア・ラ・カルト
 全体的に同じ色になるをたいくつな感じになるので、
 できるだけ強弱をつける
 ほとんどのメロディ、あたま拍、4拍目の処理を気をつける
 指揮棒をたてに大きく振るときは、「落ち着いてください」という合図です
 Eのシンコペーション、1、3拍目をそろえる
 Jの2小節前、4分音符はマルカートで
 Lのメロディの裏打ち、厳しめに吹く
 Oの2拍目、付点4分音符は次につなげる感じでぬけない
 4分の2拍子の前、マルカートで
 Qからメロディのパーンというところは、はじける感じで
 最後、ボリュームアップして下さい 

♪キャンディード序曲
 最初の4分休符、しっかり休む
 裏でカッカッカッのフレーズ吹いてる人、しっかり吹く
 47前「タカタカタン、ザン」のザンは爽やかに、ホールに響かせる感じで
 Clのメロディ、短めに吹く
 39前、47前、161前などの「タカタカタン」のタン、しめる感じ
 ながれを重視して下さい
 83からやわらかめに
 129~134しっかり
 134からリズムしめる
 206前、ティンパニーずれないように
 裏ビート感じて

♪あまちゃん
 あたまから2小節目の4分音符、かるくならない
 Bの1小節前、リズムかるく

♪おかあさんといっしょメドレー オープニング
 一番上の音、明るく吹く
 Hrの打ち込みかるく

♪J-pop Stage vol.6
 Rの「おばけなんてないさ~」のところ、ころばない

♪ぼくコッシー
 Bの2小節前、きめる!
 Jの2小節前、休符意識して
 スピードある感じで
 指揮者体験~ある程度のながれは、団でつくりましょう

♪アンパンマンのマーチ
 前奏、ゴージャスに!

♪線路は続くよどこまでも


指揮者さんからのお言葉…
キャンディード序曲は努力しても報われない曲と言われるくらいの難曲なので、
もし、本番に吹けないようなことがあってもあまり気にしないように…
本番に向けて頑張ってきたということが一番大事です。
緊張してこわい顔で吹くより、とにかく楽しく吹きましょう!
 
…ということなので、
本番、少々のハプニングがあったとしても笑顔で乗り切れたらいいですね
私たち自身が楽しんで演奏できれば、自然とお客さんにも伝わるのではないでしょうか
それでは、4月19日(土)、リラックスして音楽を楽しみましょう♪

担当:Tp

4月1日 火曜日練習

<参加者>
 Fl:2名、Ob:1名、Cl:6名、Sax:4名、Tp:7名、Hr:2名、Tb:2名、Per:3名、
 キッズ:21名、合計:48名

<合奏曲>
 あまちゃん
 ぼくコッシー
 おどるポンポコリン
 線路は続くよどこまでも
 アンパンマンのマーチ
 おかあさんといっしょOP+J-POP Stage Vol.6【キッズ・ソング編】
 サザエさんア・ラ・カルト
 キャンディード序曲 

<注意点>
♪あまちゃん
 メロディーのスラースタッカートの部分、吹ききる。
 [52小節目]“ ^ ”をしっかりとめる。

♪ぼくコッシー
 3カッコの頭の音、皆で決める。2、3拍目で間をしっかり作る。4拍目の入りばらけない。
 [3小節目]Tbの音しっかり吹いて落とす。
 【C】1小節前3,4拍目クレッシェンド、 【D】3小節目の3,4拍目クレッシェンド。
 皆が吹くところはテンション上げて!⤴︎

♪おどるポンポコリン
 【A】の2小節前は1小節スラーに変更。
 【E】のメロディーの入りはしっかり舌をついてハッキリ。
 【F】の1小節前はクレッシェンド。
 【F】2カッコの2分音符しっかり見せて。
 1番最後の小節、最後の連符、粒をしっかり出して、2拍目特に。
 1番最後の音は響きのある長めの音で。

♪線路はつづくよどこまでも
 【D】対旋律、焦らないでアーティキュレーション丁寧に。
 【I】Tp数名メロディーへ変更。
 【K】1小節前の連符、粒しっかり見せる。

♪アンパンマンのマーチ
 最初〜【C】前で【F】へ。
 【F】から最初と同じ調に転調(4度下げる)して吹くので各自譜面の書き換えしておいてください。

♪おかあさんといっしょOP+J-POP Stage Vol.6【キッズ・ソング編】
 おかあさん→Jpopのつなぎ確認する。
 【F】ハモリ前向きに。
 【G】の前のTb見せる。
 【R】8分音符の刻み休符を感じて前のめりにならない。

♪サザエさんア・ラ・カルト
 【C】しっかりめにテンポ落ち着いて。
 【D】からテンポ前向き。
 【Q】からスウィングしっかり
 最後、3拍の頭でしっかり止める

♪キャンディード序曲
 初めの金管の音はクリアに。
 メロディーの入り遅れない。
 旋律下行形軽く。
 [45,46]小節目決める。[46]は弦のイメージ。
 最後のから6~5小節の音はよりクリアに。
 [271]の2小節前から[271]へ向かっていくイメージ。


指揮者さんより「消費税もUPしたことですし、テンポもUPします」とのことで、「あと本番まで18日"も"あるのですから頑張りましょう」と。
難曲ですが、本番にいい演奏が出来るように頑張りましょう。

担当;Cl