Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

2月28日 土曜日練習

<参加者>
 Fl2名、Cl6名、Sax3名、Hr2名、Tp3名、Tb2名、Euph1名、Tuba1名、Perc1名、キッズ10名

<見学者>
 Cl、Euph

<合奏曲と注意点>
 BACK TO THE FUTURE
 ・二拍三連符は次の音に向かって
 ・2/2 2小節前しっかりのばす
 ・アクセントはザンという感じで響きも出す
 ・2/2から旋律しっかり張る
 ・18の1小節前、後半見せるように
 ・2/2 4小節目から2.4拍目しっかり
 ・2/2からの合いの手 頭拍に重心おいて
 ・37からのきざみ2.4拍目♪ひっかけのように
 ・4拍3連符つっこむ感じで3つ目に向かって大きく
 ・codaからのメロディーテンション上げて、2拍3連符あるパートはハッキリと吹く
 ・59の3小節目からののばしあるパートのmfもっとおとして
 ・59からの♪ぬけないようにしっかり吹く
 ・終わり6小節前からのメロディーしっかり吹ききる
 ・終わり4小節前からcresc

 ミッキーマウス・マーチ
 ・8分の6拍子のマーチなので♪感じて
 ・Mの8小節前からメロディー以外ボリュームおとす
 ・Sからの木管すべらない。2拍目の♪で落ち着いて

 ガリバー旅行記
 Ⅰ 
 ・Cの1小節前の♪引きすぎないで短くない
 ・Cからのホルン元気に
 ・Eの4小節目ひっかけ、装飾音符っぽくならない

 Ⅱ
 ・頭しっかりと、急がない
 ・Aからのスラー強調してつなげる
 ・Dの2小節前から張って
 ・Dから転ばずしっかり目に

 Ⅲ
 ・Bの9小節目からメロディー落ち着いて
 ・Dの5小節目からテンポ気持ちゆっくり

 Ⅳ
 ・頭からのメロディー響き大切に
 ・セーニョ前のrit合わせて
 ・codaからのFl.Ob.Clは4小節で1フレーズの感じで

 さんぽ
 ・6小節目の3拍目切れすぎない
 ・テヌートはスピード感ある感じで重すぎないように
 ・Aからのメロディー原曲に近い形で短くなりすぎない
 ・Aの1小節前1拍目全員で揃える
 ・Bからのオブリガードのボリュームおとす
 ・Cの3小節目前の3.4拍目次に向かってしっかり
 ・終わりののばし、音の処理揃える


 担当:Cl

2月10日 火曜日練習

<参加者>
 Fl2名、Ob2名、Cl4名、Sax1名、Tp5名、Hr1名、Tb1名、Euph1名、Per2名、キッズ5名

<合奏曲と注意点>
 ♪BACK TO THE FUTURE
 9小節目からaccel.
 11小節目からの打ち込みは「ザンッ」と吹くが響きももって
 32、34小節目の4分休符はしっかり休む
 36小節目2拍3連 しっかり「カンカン」37小節目にむけてcresc.
 52小節目 3、4拍目はcresc.
 終から4小節~3小節はcresc.

 ♪さんぽ
 5小節目スタッカート
 A1小節前の1拍目の4分音符重くならないように
         3拍目の4分音符軽くならないように

 ♪ガリバー旅行記
 1楽章
 はじめからCまでのメロディー「ソラシ♭ラソ」の16分音符は前向きに
 2楽章
 Dの4小節前からaccel.


UPが遅くなり申し訳ありません。
クリコンが終わりだいぶ経つのにまだ楽譜がクリコンのままなので
そろそろ入れ替えようかと思います(^▽^;)
ガリバー旅行記のEH楽しみにしてま~す!!

担当 ボエ

2月3日 火曜日練習

<参加者>
 Fl2名、Ob1名、Cl8名、Sax4名、Tp6名、Hr1名、Tb2名、Euph1名、Per3名、キッズ5名

<見学者>
 Cl

<合奏曲と注意点>
 It’s a small world
 ・一番最後はフェルマータ・頭からマーチのイメージで
 ・9小節目付点四分音符と八分音符はセパレートに。
 ・20小節目の前は転ばない。
 ・25小節目の前のメロディはしっかり伸ばす
 ・53小節の2拍前ぬけないように。
 ・61小節から明るいメゾフォルテで。
 ・69小節4前からデクレッシェンド。
 ・61小節からワルツを感じて1拍目しっかり。
 ・93小節から、1回目の人は2回目抑えて、2回目の人は3回目抑えて、新しく入る人はしっかり。
  裏ビート感じて。転ばない。
 ・102小節、和風に。軽くならないように重めに。
 ・118小節から、marc.

 ディズニー・クラシックス・レビュー
 ・Aからメロディ以外は楽に。打ち込みの人はしっかり。
 ・B2小節目の1拍目は切る。
 ・C4拍目、Auftakt~のメロディ重くならないように。
 ・G1小節前Alt Saxしっかり出す。
 ・最後より2小節前の1拍目、のばしの音は切る。

 ガリバー旅行記
 1楽章
 ・Andante前の16分音符たっぷりと
 ・テヌートはゴージャスに!ウエイトをかけて
 2楽章
 ・3連符は緊張感を持って吹く。4分音符ははっきりと
 ・Prestoはスピードの乗った2分音符。早めに入る感じで
 ・一番最後の音は吹ききるように
 3楽章
 ・Bの8小節目の8分音符は響きを持って
 ・TpはBの頭から方向性を持って吹く
 ・Cの1小節前はおさめる
 ・Dの1小節前の付点4分音符はおさめる
 4楽章
 ・冒頭打ち込みの2拍目の休符は大事に
 ・1カッコ、2カッコの付点4分音符は長さを十分に保つ
 ・Andanteから雰囲気を変える(ゆっくりめ)
 ・打ち込みは軽めに
 ・poco rit と同時にクレッシェンドをかける感じで
 ・コーダから2分音符は楽にコラールを吹くように
 ・62,64小節目の付点4分音符と8分音符の間は髪の毛1本分あけるイメージ
 ・63,65小節目の3拍目、4拍目はは次に向かっていく感じ
 ・最後の8分休符はしっかりと休む
 ・最後の音はしっかりと響きを持った音で


 担当:TP