Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

9月25日 火曜日練習

<参加者>
 Fl:1名、Ob:1名、Cl:5名、Sax:3名、Tp:4名、Tb:2名、Key/St.Bs/El.Bs:1名、Perc:4名、
 キッズ:1名、合計:22名

<合奏曲・注意点>

♪We can‼︎ HUGっと!プリキュア
 K→8分音符しっかり3拍目の裏を意識して
   すべらないように

♪ルパンレンジャーvsパトレンジャー
 最初→1拍目3拍目をしっかりアンサンブル 
  とくに3拍目
 F→3小節前 弱くならないように

♪ドラえもん
 最初→タンタタンタンうんタンタン 
   うんのところしっかり休みを入れる
 G→2小節目 休符がないぐらいの感じで
   (8分休符)ぐらいの感じで
   伴奏のパートも前向きな感じで
 J→の前あせらない

♪線路は続くよどこまでも
 A→1小節前 3つ目は前奏の終わりになるのでおさめる
 B→ハーモニーライン遅く聞こえるので、少し前向きに、 ボリュームは頑張らなくで大丈夫
 G→だんだん重たくならないように
 I→Tp元気よくマルカート

♪ジングルベル
 何もかいてない8分音符はすべてマルカート 
 長くならない
 B→木管 ボリュームを落とす
   メロディーは8分音符 
  裏を感じながらすべらないように
 E→1小節前 3拍目短くならないようにそろえる
(急にとまらない)

♪ヤングマン
 C→1小節前 ♪すばらしい♪ しっかりと吹く

♪おどるポンポコリン
 1カッコカット
 アンコール曲なので8分音符マルカートテンポも速く
 あたまとC→♪ピーヒャラ♪重たく聞こえないように

♪アメリカンパトロール
 スラーの後ろが長くならないように

♪エル・クンバンチェロ
 あたま→ボンゴ 8分音符はしっかりめに
 L→9小節目から 音程ははっきり 音は短く
 休符の後ろの音符はそろえる

♪シンコペーテッド・クロック
 

担当 TP

9月11日火曜日練習

<参加者>
 Fl:2名、Ob:2名、Cl:7名、Sax:4名、Tp:4名、Hr:1名、Tb:2名、Euph:1名、Key/St.Bs/El.Bs:1名、Perc:4名、
 キッズ:4名、合計:32名

<合奏曲>
♪ルパンレンジャーvsパトレンジャー
♪ドラえもん
♪We can‼︎ HUGっと!プリキュア
♪ヤングマン
♪おどるポンポコリン
♪エル・クンバンチェロ
♪シンフォニア・ノビリッシマ

<注意点や気がついたこと・その他>
♪ルパンレンジャーvsパトレンジャー
1カッコ前とHの前の1拍目、柔らかくならないように、

♪ドラえもん
イントロの1,3,5,7、小節目の2拍目の裏の8分音符は遅れないように
全体的にテンポの流れを大切にして、遅れないよう軽快に

♪We can‼︎ HUGっと!プリキュア
Fからなだらかに、メロディの頭に向かっていく
G4小節3,4拍目焦らない
Iからアルトサックス次の小節へ向かって、前向きに
Kの1小節目の3拍目の裏、すべらないようにしっかり
Kははっきりとしっかり目に決める

♪ヤングマン
イントロの2,4小節目、2拍目裏の16分音符は長くならないように
Cの腕はしっかり上にあげる、Cがぺちゃんこに見えるので
Cの2小節前、Gの2小節前、テンポは巻き気味に

♪エル・クンバンチェロ
スラーの後ろ、流さない
休符の後の音符は揃える

♪シンフォニア・ノビリッシマ
スタッカートとアクセントの音程見えるように
響きを利用して音を狙う
中間部は優しい音で
ホールでちゃんと響くようにこれから練習します

<キッズの様子>
可愛いお子ちゃまの仲間も増えて、とっても癒されました(^^♪

担当:(Euph)

9月1日 土曜日練習

<参加者>
Fl:4名、Cl:4名、Sax:4名、Tp:2名、Hr:2名、Tb:2名、Euph:1名、Perc:2名、
キッズ:14名、合計:35名

<合奏曲>
♪線路は続くよどこまでも
♪アンパンマンたいそう
♪ジングルベル
♪ルパンレンジャーvsパトレンジャー
♪We can‼︎ HUGっと!プリキュア
♪ドラえもん
♪ボギー大佐
♪ヤングマン
♪エル・クンバンチェロ
♪シンフォニア・ノビリッシマ

<注意点や気がついたこと・その他>
♪線路は続くよどこまでも
  A、B、の出るところは出る。 
  Iのメロディーは出る。

♪アンパンマンたいそう
  アンパンマンの掛け声は4拍目まで。

♪ジングルベル
  B、1小節前の3拍目のスタッカートは響かす。

♪ルパンレンジャーvsパトレンジャー
  Fから3拍目はアンサンブル。
  H、1小節前、しっかり止める。

♪We can‼︎ HUGっと!プリキュア
  冒頭、メロディーの山の所はアンサンブル。
  B、D、1小節前の4分休符はしっかり休む。

♪ドラえもん
  最終的にはin2で振る予定。
  リズムとの合いの手が噛み合うように。

♪ボギー大佐
  付点4分、8分音符を強調する。
  1、3、は1回目は楽に吹く。

♪ヤングマン
  YMCAの振りは、しっかり止める。

♪エル・クンバンチェロ
  ノリで吹いて下さい。

♪シンフォニア・ノビリッシマ
  Aまでオルガンの様に、アクセントは丁寧に。
  H、金管のリズムは、木管の細かいのに合わせる。
  I、いい音で。頑張りすぎない。8分音符、3連符もたっぷりと。
  N、3小節前の3連符、6連符のイメージで。

担当:Cl

8月28日 火曜日練習

<参加者>
 Fl:2名、Ob:1名、Cl:6名、Sax:3名、Tp:4名、Hr:2名、Tb:3名、Euph:1名、Key/St.Bs/El.Bs:1名、Perc:4名、
 キッズ:6名、合計:33名

<見学者>
 Fl:1名

<合奏曲・注意点>

♪ルパンレンジャーvsパトレンジャー
 インテンポで

♪We can‼︎ HUGっと!プリキュア
 重くならないように

♪ドラえもん
 頭の部分八分休符を待ち続けずリズムよく
 CのTbはっきりと
 Dの前シンコペーションをわくわくな感じで
 Dのテヌートの四分音符はテンション高く

♪シンコペーテッド・クロック
 終わりを伸ばしすぎないように

♪ジングルベル
 D頭はっきりと
 ラストは短く

♪エル・クンバンチェロ

♪アンパンマンたいそう

♪線路は続くよどこまでも
 ラスト前Tp華やかに
 Jの木管はラクに

♪ヤングマン
 メロディ部分はしっかりと

♪ボギー大佐
 ♪サル♪の部分を短くなりすぎないように
 ②ははっきりと

♪シンフォニア・ノビリッシマ
 普段の練習から、やわらかい音色で
 高い音の練習は前のつながる部分から続けて練習を
 流れで音が外れても気にならなくなるため

次のコンサートへ向けての曲もコツコツがんばっていきましょう!
とのことでした(*´v`)

担当:Tb 遅くなりました( ノД`)