Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

5月28日 火曜日練習

<参加者>
Fl&Pic2名 Cl7名 Sax3名 Tp2名 Tb1名 Euph1名 key1名 Per3名 キッズ2名 合計22名

<合奏曲>
♪青い山脈
♪日本の情景[秋]
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ

<注意点など>
♪青い山脈
・基本何も書いてないところはマルカート
・装飾音はあくまで装飾なのでゴリゴリになりすぎないように
・前奏の16分音符ころばないように
・A〜付点8分元気にスラーはたっぷり
・B〜あと打ちの人軽めに

♪日本の情景[秋]
・頭とAの1小節目の4拍目と2小節目頭の流れ、つなげる
・A メロディー前向きに、マルカートで
・Bの4小節目で rit.
・B ハーモニーとメロディーのバランス意識
・Eのアウフタクトから次の真っ赤な秋のテンポ
・Hの2小節前から次の村祭りのテンポ
・J-2小節目のあとは区切る、3小節目から仕切り直し
・KとL メロディ大きいフレーズ
・Mの付点の16分音符、前に行きやすいので後ろにつけて
・Nから重くならないように、大きなフレーズで音楽が止まらないように

♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
・4拍目ウラから入るメロディ、リズム冷静に
・Aの2小節前の2分音符、音を張って、3拍目でちゃんと止める
・Eの1小節前頭の音しっかり決める 
・Hの1小節前スラーとスラーじゃない音区別

♪パプリカ
・テヌート、発音やわらかくならない
・休符を意識して
・サビに入るCの1小節前、Cアウフタクトのメロディーにかからないようにする
・D.S.前、伸ばしてる人(Fl,Tp,Tb) テンポ通りしっかり伸ばす

担当:トランペット

5月18日土曜日練習

<参加者>
Fl&Pic2名 Cl1名 Sax4名 Tp3名 Hr2名 Tb1名 Euph1名 Per1名 キッズ9名 合計24名

<見学者>
Fl1名

<合奏曲>
♪青い山脈
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ
♪日本の情景[秋]

<注意点など>
♪青い山脈
※F 1カッコカット
・D-5小節目 4分音符そろえる
・ラストの4分音符ふききる

♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
・4拍目などのウラ拍のアクセントは、はやく突っ込みたくなるので 8分のカウントを感じて吹きましょう。
・Aの前 1小節1拍目の音の処理をそろえる
・Dの前 2小節間のリズムは 『アキコ アキコ アキコ アキコ ワダ』です 最後のワダはふききる
・Eの前 Eからの転調にむけて臨時記号が多いので、しっかり音を確認しましょう 
・E-2,4小節目のアタマ メロディーは しっかりと
・H-1カッコ最後の小節 3拍目の8分音符2つを そろえる

♪パプリカ
※1カッコカット
・Cの前 伸ばしてる音は Cからのメロディーにつなぐ気持ちで吹く
・F-D.S.直前 んタ タラっタ の 『っ』  感じましょう。最後の音はふききる
●別途連絡があると思いますが、
2カッコのドンドンパン(左足・右足・手拍子) 記譜のあるパートもないパートも 音がない場合(音がでてくるまで?) 行うことになりました。詳細は次回練習時に確認してください。

♪日本の情景[秋]
・メロディーは しっかりたっぷりと 伴奏は控えて  
・A メロディーは マルカートで
・Eの2拍前から Eのテンポ
・J-2小節目のあと切る 3小節目から仕切り直し


すでに連絡があったカット位置などは 確認しておきましょう。

担当:Sax

5月14日 火曜日 練習

<参加者>
Fl&Pic1名 Cl7名 Sax3名 Tp3名 Hr2名 Euph1名 Per3名 合計20名

<見学者>
1名 ( Tp )

<合奏曲>
♪キラリ☆彡スター☆トゥインクルプリキュア
♪パプリカ
♪おどるポンポコリン
♪青い山脈

<注意点など>
プリキュア
・休符 意識してしっかり止める
・始めはっきり入る
・B〜長い音符の人は重たくならない
・E1,2小節前の転調しっかり
・A3小節前 スラーのかかっていない8分音符意識す る アーティキュレーション
・C3小節目 スラー しっかり舌つく
・D1小節前 中低音の人 アクセントはっきりめ
 アクセントの間少し隙間あける
・E〜2,4小節目 転んで聴こえないようにアンサンブルする
・G〜休符しっかり休む
・H1小節前 同じ長さで決める
・2カッコすぐのタイ 長くならない
・最後 ラタタタ 抜かずに終わる

パプリカ
・A〜 メロディのタティタのティを少し長めに
・Bメロディ ブレスマークはフレーズの意味でとらえる
・C3,4小節目 テヌートの音スピード感出す 長さキープ 発音はっきりと
・Dの8分音符 長くならない
・E,Fのメロディしっかり出る
・ダルセーニョ前 タ タラタ しっかり決める
 伸ばす人も音の処理をきっちりする
・Codaからすぐに重たくならない
 ritのところからかける

青い山脈
・Gの前 ザンで曲を一旦終わる気持ちで揃える
・付点8分音符 息のスピードで吹く
 付点8分音符の後の16分音符は後ろめに寄せて
 はっきりと
・D5,7小節目 アクセントははっきり元気良く


担当:Cl