Mam's Wind Orchestra 「clover」


 (マムズ・ウインド・オーケストラ「クローバー」)

 大阪市住吉区を中心に活動しているママさん吹奏楽団(ママさんブラス)です

9月24日 土曜日練習

<参加者>
Fl5名 Cl4名 Sax4名 Hr3名 Euph1名 Tb1名 Tp2名 Per2名 キッズ18名

<合奏曲・注意点や気がついたこと>
●ジュウオウジャー
はじめのクレッシェンド&デクレッシェンドの頂点を意識する。
●プリキュア
終わりから二小節前はクレッシェンドすること。
慌てないで縦を揃えること。
●夢をかなえてドラえもん
Dの一小節前の主旋律をはっきり。
●にじのむこうに
はじめのタカタンははっきりみせる。
E2回目は1回目より音量あげ違いをみせる。
終わり3つ前のメロディしっかり。
最後の小節の連符の入りは丁寧に始める。
●エビカニクス
Dからの4分音符きざみの、長さしっかり保つ。
メロディのアウフタクト部分の入りをはっきりさせる。
E4小節目のきざみ頭をしっかりと。このパターンはすべて同じ。
●童謡メドレー
G3小節前のフェルマータのいりは少し隙間をあけて改めてはいる。
Dきざみの、クラリネットメロディを聴いて音量のバランスに気を付ける。
E3.4小節目、C4.3小節前のレガート見せる。
C1小節前慌てない。
H1前8分音符形を見せる、頭の音をみせる。
Gからの伴奏の人はメロディを、イメージしながらふく。
Jの3連符の入りはしっかり目でハッキリ。
Oの2分音符マルカート。
Oの4小節目頭、Pの4の頭の音の処理は皆で揃える。
最後から4.3小節前、リズムを意識。
●ドレミのうた
Bの一小節めの頭の音きちっと切る。音が残らないように。
終わり4.3小節前、2分音符は前向きに。Lの前も同じ。
Gの2前、スラーの後ろは短めに。
GからFlとClは前向きに。
●オリエント急行
3連符は皆で同じテンポ感じる。
3小節目のトリルのタイミングも3連符意識、感じながら。
Hrのきざみらくに。
H前3/8の小節の焦らないテンポしっかり。
2/4の所焦らないように。
Xの音量デクレッシェンドで小さくなっても緊張感無くさないこと。
メロディの前ののばしの音の処理丁寧にし、メロディに繋げるようなイメージで。
たくさん出てくるおかずのパートはそれぞれしっかりとみせる。

担当:Cl

PREV NEXT